土祭2018アーカイブ rotation|村田峰紀

旧小宅小学校にて展示された作品です。
 
 
ガイドブックより…

 

益子町を代表とする陶芸の制作過程で見られる身体性に着目しました。
ろくろの小さな回転運動は粘土から陶器に、長い時間を得て粘土へと循環します。

職人自身に流れる内気功があり私たちは自転する地球の上にいます。
回転から考察される事象を踏まえて私は身体表現者として益子町に向き合います。

 

 

(撮影|佐藤元紀)

ページの上部へ戻る