土祭2015アルバム|まちなか映画館 太平座

のれんをくぐると、まちのなかの小さな映画館。

_ANO3227

_ANO2322 _ANO8565 _ANO0729

……
企画概要

かつて益子にあり「映画を見に行く」という行為を通して
町の社交場ともなっていた「まちなかの映画館」を会期中に旧市街地に出現させ、
さまざまな映画・映像作品を見て「識る」場、そして、町内外の人の交流を「結ぶ」場をつくる。
……
この文は、土祭2015「個別企画09 まちなか映画館 太平座 企画書」からの抜粋です。
今回のアルバムでは、構想、準備、そして会期中の様子を振り返ります。

 *うまれたわけ

2014年の6月から、町内各地で風土・風景を読み解くプロジェクトの聞き取りを進めると、年配のみなさんが目を輝かせて、語ってくださることの共通項がみえてきました。「昔の川には、こんな魚や生き物がいた!」ということと「近所で旅回りの一座の芝居や映画を観に行く場所があって、そこにいくと親戚も友達も集まっていて…」という思い出です。
興行師が木戸銭をとり映画を掛ける家があったこと(上大羽地区)、農村歌舞伎舞台を力をあわせてつくり旅回りの一座を呼んでいたこと(山本地区)、歩いて行けるまちなかに仮説や常設の映画館があったこと(七井・田町地区)…、娯楽もテレビもない時代、多くの人がひとつところに集い、観て笑って語り合う時間を共有する日々の記憶。
土祭では、演奏会と夕焼けバーを開く「土祭広場」を、そのような集いの場と考えていますが、3回目の土祭では、映画をまんなかにおいて人や地域を「結ぶ」場も作れないか?という発想から始まったのが、<土祭の会期中に、人が集まる「まちなかの映画館」を創出する>というプロジェクトでした。

*土祭から生まれたヒジノワを会場に

新月から満月の間だけ出現する映画館をどこにつくるか。
それはどちらかというと、今振り返ると「会場の方から呼ばれた」ようにも思います。初回、2回目の「作品の展示会場」となった、ヒジノワ。今回は「アートの展示ではない」と早くから考えていました。ふたたび、企画書から抜粋します。

……
会場選定の意図

2009年の土祭で、築100年の空き家を改修し、その後、有志メンバーが「また空き家に戻すのはもったいない、人が集う場として活用したい」と、ボランティアで企画運営している「ヒジノワ」。一度空き家になって再び「集う場」になった(しかしこの1年は中心メンバーも多忙につき活動が停滞気味になっている)空間に、時代の流れとともに消失した「集う場」を土祭の会期中に作り出すことで、また新しい動きへと繋げたい。
……

*企画興行師は、町の人々を中心に

上映する映画を誰が決め、どんな演出や場作りをするか、それはもちろん町の方たちの力で楽しみながら(忙しい思いで苦しみながら?)進めていきましょう、と、これまでに映画の自主上映会を企画した方、自主制作で映画制作を進めている方、祭の記録を撮っている方やその映像化を考えている方などを中心に企画者となっていただき、16日間の組み立てを行っていきました。

企画興行師のみなさんや上映作品のラインナップ、
関連するトークのゲストなどの紹介は →こちらで

また、初夏の頃には、企画にお名前を借りた、50年前に閉館した「太平座」で映写技師をしていた方や経営者のご家族の方などからお話を伺う場ももうけました。

中学卒業後に太平座で働き始め、国家資格をとり映写技師として益子と近辺の町で
「映画で集う場」を作り続けてきた石原賢さん。
IMG_4513 IMG_4523 IMG_4527
企画興行師チームで都合のつく方10名でヒジノワに集まり、当時の館内の雰囲気や技術的なことなど貴重なお話をたくさんうかがいました。その内容は、ガイドブック『土祭という旅へ』のコラムでもご紹介しています。
 
経営者のご家族宅の倉庫の柳行李の中には開館当時のポスターがたくさん!
一部をお借りし裏打ちして上映室の壁に展示しました。(写真は会期中の様子)
_ANO8576

 

*会期中のご報告〜アフタートークを大切に

まちのなかの小さな映画館としては、映画を観た後に制作者のお話を聞いたり、お茶をしながら友人と感想を語り合える時間を大切にしたい。各企画チームのみなさんは、監督をお呼びしてのアフタートークや対談、テーマに即した座談やトークセッション、それからヒジノワカフェにゲスト出店を招いての連動企画など、趣向をこらしました。

『ASAHIZA 人間は、どこへ行く』藤井光監督を招いてのアフタートーク。
映画を見てお話を聞くことでさらに広がり深まる思いがありました。聞き手は小野悦子さん。
 IMG_0238

 

『渦潮』『渦汐』川本直人監督と座談。聞き手は『ハトを、飛ばす』の町田泰彦さん
_D753884

映画企画と連動してカフェ出店の道食堂121チームは、東北芸工大田賀陽介研究室。
大学のある山形は益子と国道121で繋がっています。その沿線の食材で丁寧に作り込まれたメニューは大好評でした。
_ANO1329

インドの寺院で500年も続く「毎日10万食のカレーを誰に対しても無料で提供」する食堂を描いた『聖なる食卓』。上映時には、主催者のみなさんもターバン姿でカレーランチを提供。
(「無料ですか?」というツッコミもあったとかなかったとか)
_DSC2390 _DSC2401

 

ドイツの出版社を追うドキュメント『世界でいちばん美しい本をつくる男 シュタイデルとの旅』を企画上映してくださったチームは、上映後に「映画のある場所 本のある場所」をテーマに来場のみなさんと一体となったトークショーを。右から編集者の南陀楼綾繁さん、益子ハナメガネ商会のマスダモモエさん、コミュニティシネマセンター事務局長の岩崎ゆう子さん。

_ANO8817

まちなか映画館の企画は、ヒジノワを飛び出して夜の土舞台でも。26日の土祭広場「子どもの日」企画で、新町☆組が制作した「益子祇園祭」と、川本監督が町内の子どもたちとワークショップで制作したシネカリグラフィー作品が、地層の壁のスクリーンに!
3回目の土祭での初めての試みを、広場に集った町内外のみんなで楽しみました。
祭り映像

1回目の土祭で生まれたヒジノワが、映画や本や食を通して、ふたたび「結ぶ」場になった「まちなか映画館」。16日間の短い開館でしたが、いくつかの種があらたに蒔かれた場でもありました。関わったみなさんやご来場いただいたみなさんが、これからの日々でつくる、さまざまな「場」が、健やかな「結び」を生んで行くことと思います。

_ANO8963

(事務局 簑田|撮影 長田朋子 矢野津々美 簑田理香)

整理券配布のご案内

IMG_5447

映画や映像の上映、
古い映画のパンフレトや関連した古本や新刊本の販売、
50年前に閉館した益子の映画館「太平座」関係者が保管していた
映画のポスターの掲示。
監督や企画者のトークイベント…と、もりだくさんの「まちなか映画館 太平座」

明日の上映から、それぞれの上映時間の30分まえから「整理券」をお配りします。

IMG_5443
見たい映画をこちらでチェックしていただいて(映画のラインナップと上映日時) → こちらを。
30分まえから整理券をゲット。
そして、併設の「まちなか本棚」で販売されているパンフレットや本をみたり、
ヒジノワカフェでお茶しながら上映をお待ち下さい。

*23日の「ASAHIZA 人間は、どこへ行く」は、予約を受け付けております。
 予約Email:hugcine2013@gmail.com

(事務局 簑田)

「祭り」としての映画館―「太平座」で観る「ASAHIZA、人間はどこへ行く」

―震災後に生まれた「祭り」―

益子町の仲間とイベントを企画するHUG❤Cine益子を立ち上げたのは2012年。
東日本大震災の翌年だ。

2011年の震災と原発事故に、メンバーのみんなが大きな影響を受けた。東北に家族や友人がいたり、農業を営んでいたり、子育ての真最中だったりと、それぞれ状況は違うけれど、私個人の話をすれば、当時は目の前の現実をどう捉えたら良いのか、
どんな選択をすればいいのか分からなかった。起きたことのあまりの大きさに、圧倒されていた。

それでも、東北各地に足を運んだり、この国の様々な問題について学んだりするなかで、少しずつ、ぼんやりとだけれども、自分なりの手がかりというか、関わり方みたいなものが見えてきた。

まずは足元を見つめること、隣にいる人と話をすること、地域の人たちと関わること。

観念的にならずに具体的に動いてみること。
そうやってなんとなく身近な仲間と集まっているうちに、カフェを経営している益子の友人の協力で、小さなドキュメンタリー上映会を開催することが決まった。やってみたら楽しくて、少しずつ仲間が増え、今後も続けていこうと付けた名前がHUG❤Cine益子だ。

映画上映

<写真上|音楽家、大友良英さんをゲストに映画、音楽のイベントを開催>
<写真下| 同イベントにて、音遊びに興じる参加者の皆さん>OTOTOMO×大友良英㈪

当初は、シネマと益子をかけて「シネましこ」は?という案もあったけれど、あまりにダサすぎるのと、「シネ!ましこ」は音的にマズいぞ、と断念。それじゃ、シネをアルファベットにして、「育む」と「ハグ!」をかけてHUGを頭に付けるか?ということで、他に名案も浮かばず、強引に❤を押し込んで決定。

それが映画や音楽やトークイベントなどを開催するごとに、ああ、育むってこういうことなんだな・・と、何のバックアップもない私たちのイベントに賛同し、惜しみなく協力してくれたゲストの方々や映写技師さん、ボランティアスタッフ、そして、参加してくれたお客さんたちと共に過ごすなかで、改めて気づかされるようになった。

普段はそれぞれの場所で、それぞれの暮らしを営んでいる色んな人たちが集い、多彩な「ことば」に触れられる場。日常のなかでは縁遠く思えるようなテーマを身近に感じたり、分からないんだけど、どう思う?と相談し合えたり、新たな気づきにハッとさせられたり、ただ単純にみんなで楽しいひとときを過ごせたり。

昔、まちなかにあった映画館にも、同じような役割があったのかもしれない。そして、震災後の「非日常」のなかで、私たちがイベントを企画し始めたのは、そのような場を人一倍求めていたからなのかもしれない。ひとときの「お祭り」。喜怒哀楽を共にする時間。世界を抱きしめられる場所。

今回、土祭事務局から「復活!太平座 まちなか映画館」の企画で、上映会を依頼されたとき、点と点が繋がっていく感じがした。土祭の副題となっている「この土地に生きることの祭り」―それを私たちは必要としていたのかもしれない、と。

慣れ親しんでいた風景が、全く別のものとして目の前に現れたとき、否応なしに突きつけられた沢山の疑問符。それらを1つ1つ拾い上げて、今生きている場所を、旅人が初めてその土地を訪れたかのように、目を開いて、耳を澄ませて、感じてみる―そんな体験に繋げられたら。どこか懐かしくて、なんだかワクワクしちゃうような。一人では無理だけど、色んな人の生活の知恵や創造力を借りれば、きっと、より豊かに、より素敵に生きられる。今もそんな想いで、細々と活動を続けている。

ハグシネ
<想田和弘監督「選挙2」上映会&トークイベント開催前にメンバーと>

―非日常のなかで日常を、撮る―

23日に上映する「ASAHIZA、人間はどこへ行く」は、福島県南相馬に大正12年に開館した南相馬の古い映画館と、そこに集った人たちの記憶を辿る物語だ。

実は、この映画は、地域の住民たちと共にワークショップ形式で製作されたもの。2012年の秋に撮影が始まり1年後に完成。その間、藤井監督は南相馬に通いながら、撮影のアドバイスをしていたという。

「監督を依頼された時点で、制作された映像をその舞台となった朝日座で上映するということは決まっていました。撮影された場所で、撮影された人々と共に鑑賞する映画を作ってきたフランスの映像人類学者ジャン・ルーシュの影響を僕は受けていますが、自分たちの生活の中にあった映画館や町の記憶を、自分たちで作る映画を通して見つめ直す。同時にその地域だけの映画になってしまわないように考えました。〈遠い町の物語〉にならないようにするにはどうしたらいいかと、その方法論を考えるのが監督の仕事でした。」

「復活!太平座」で、復活した「朝日座」を観る。映画館で「映画館」を観る。町や人との繋がりを今改めて考える上でも、
これは面白そう!ということで、とんとん拍子に話が進んだ。

藤井さんは、昨年の「OTOTOMO×大友良英」で上映したドキュメンタリー、「プロジェクトFUKUSHIMA!」の監督でもあり、今回の映画でも、大友さんが音楽を手掛けている。「プロジェクトFUKUSHIMA!」を観たときに感じた撮影対象との独特な距離感は、この作品の中でも健在だ。安易な意味づけや感傷をそぎ落とした余白のある映像と音楽に、観る側の想像が掻き立てられる。

ASAHIZAメイン中
『ASAHIZA  人間は、どこへ行く』(藤井光監督 2013年)より

 

藤井さんいわく、「ASAHIZA」は奇妙な映画。何故奇妙なのか。
それは、震災以降語られてきた「被災地」としての「南相馬」が、少なくとも画面の中心には描かれていないからだ。

「原発事故を受けてこの地域の人々は〈被災者〉として描かれ続けてきました。被災地のイメージで覆い尽くされてしまった土地だと言えます。逆説的に言えば、メディアなり映像文化が、この土地の人々を〈被災者〉として固定化しているとも言えます。前作の『プロジェクトFUKUSHIMA!』を撮った時に、カメラの中に記録された人々の笑顔や冗談を映画の中でどう扱えばいいかわからず大半をカットしました。それは〈フクシマの物語〉として観客が期待するであろう〈リアル〉に矛盾すると考えたからです。
 当時の判断が間違っていたとは思いませんが、違和感も残りました。映画『ASAHIZA』に登場する方たちを美しいと感じられるのは、そこで描かれた人々が〈被災者〉のイメージから開放されたからなのかもしれません。
朝日座のことを話し始めるとみなさんニコニコする(笑)。それで、今回の撮影中にプロデューサーの立木さんに言ったんです。非日常であろうと日常を生きる「普通の人々」を描かねばならない、この明るさというか、柔らかなものを表現することが、原子力発電所の事故によっていろんなものが破壊されていく現実に対する報復になるのではないかって。」

この公式サイトに掲載されている藤井監督の言葉を実際に映像で体感してほしい。

トークセッションでは、ご本人をお招きして、作品の撮影秘話や仕掛け、コミュニティとしての映画館、地方都市の在り方など、震災直後から東北各地で映像を撮影し続けてきた監督ならではの視点に迫りつつ、会場の皆さんとの時間を楽しめたらと思っています。ご質問やご感想なども是非!トークセッション後は、藤井さんを交えたカフェタイムもあるので、ふるってご参加ください。

映画公式サイト:http://www.asahiza.jp/
上映会の詳細・ご予約はFBページで:https://www.facebook.com/events/1194724967220318/

         (「まちなか映画館 太平座」企画チーム HUG❤Cine益子 小野悦子)

ページの上部へ戻る