土祭2015アルバム|ゲストハウスプロジェクト

前回の土祭2012では「土祭食堂」としてお客様をお迎えした、戦前に釉薬の試験場として
使われていたと伝わる城内坂路地裏の歴史ある建物「グレイズハウス」。
普段は空き家になっているこの建物を改修し、地域の方々とゲストハウスとしての活用を
模索するプロジェクトが始動しました。

そのテーマは「結び目をつくる」。
人と人、人と地域、そして地域と地域の「結び目」となる場づくりを目指して、
土祭2015会期中は、ご来場の皆様の憩いと交流の場として運営しました。

改修ワークショップを始めとする会期前の取り組みを含めて、写真で振り返ります。

 

2015年4月27日|改修前の調査

DSCN2772

DSCN2785

陶器市の出店場所として使われていることから、そのための資材などが置かれていた建物内。
建物所有者の方などにご協力いただいて片付けを進めながら、改修の構想を練っていきました。

 

2015年5月30日|横山左官の「土探し」

DSCN3261

DSCN3311

土祭の企画として建物を改修するからには、益子の土にこだわった「土の空間」をつくりたい。
三和土と土壁のワークショップの講師を依頼した横山左官の希望で、益子の陶芸家にご案内いただいて
改修に使う土を探しました。

 

2015年6月30日|解体・補強工事

DSCN3829

DSCN3846

土祭会期中やその後の活用を考え、玄関を入って正面の壁を取り払って広い土間をつくることに決定。
壁・床・天井の解体やそれに伴って必要となる補強などの工事は、安全性の観点からプロに依頼しました。

 

2015年7月31日・8月1日|三和土ワークショップ

DSCN8047

DSCN8105

DSCN8257

材料を調合し、土間に流し込んで「たたく」一連の作業をワークショップ形式で実施。
実際に「たたく」体験ができる機会は珍しいとのことで、初めてという方からプロの方まで幅広く
ご参加いただきました。

 

2015年8月5・6・10日|土壁ワークショップ

DSCN8468

DSCN8710

DSCN8763

益子の土と麦わらを混ぜて壁に塗り、乾燥してから掻き落として表情を出すワークショップを開催。
壁の下部には益子の陶芸家から譲り受けた釉薬の付着しているレンガを使い、「グレイズハウス」の名に
ふさわしい空間が出現しました。

 

2015年9月23・24日|モバイルかまどワークショップ

_ANO1842

_ANO1860

_ANO2015

小沼左官の指導の下、卓上で使えてそのまま持ち帰ることのできる二合炊きのかまどをつくり、
「土の空間」をつくる左官技術に触れていただくワークショップを会期中に開催。
実際にモバイルかまどで炊いたご飯の試食も行い、「おいしく炊けている」と大好評でした。

 

2015年9月13~28日|会期中の活用

_ANO0151

_ANO1862

_ANO2026

土間は光る泥団子ワークショップの会場として、座敷は益子の生き物などを紹介する展示の場として、
さらに玄関脇の受付は地元の城内地区の方による散策路案内などの拠点としてご活用いただきました。

「グレイズハウス」の今後については、ゲストハウスとして活用するには更に大幅な改修を要することから、
それ以外の選択肢も含めて、継続的な活用方法を探っていきたいと考えております。

(事務局 今井|写真 長田朋子 矢野津々美 土祭事務局)

「土」に触れるワークショップ、揃ってます!

「土祭」に行くからには「土」に触れたい!
そんな方のために、「土」に触れるワークショップをまとめてご紹介。
いずれも先着順で予約を受け付けておりますので、ご希望の方はお早めにどうぞ!

※お申込みの際に記載していただく情報(不足がある場合、確認後の受付となります。)

  • ご参加いただく方の氏名、年齢(全員分)
  • ご住所、ご連絡先電話番号
  • お申込みのプログラムの名称、日時

p013小沼さん055_web

ワークショップ「小沼左官とつくるモバイルかまど」

日時|9月23日[水・祝]、24日[木]いずれも10:00~、14:00~(所要1~2時間)
会場|グレイズハウス(城内)
講師|小沼充(公益社団法人日本左官会議)
定員|各回10名 ※予約優先、メール(hijisai2015yoyaku@gmail.com)にて受付中
対象年齢|小学生以上(小学校3年生以下は保護者同伴)
参加費|15,000円(2合かまどを制作し、お持ち帰りいただけます。当日会場にてお支払いください。)

小沼左官の指導の下、卓上で使えて持ち運びができる二合炊きのカマドをつくり、「土の空間」をつくる左官技術に触れていただくワークショップ。制作したカマドはそのままお持ち帰りいただけます。

こぬまみつる
左官。1960年、東京生まれ、福島育ち。中学卒業後東京で父の経営する会社で左官修行を始める。29歳で独立。36歳から東京・千石の左官名人榎本新吉さんや久住章さんに出会い、薫陶を受ける。40歳で愛宕の名刹青松寺で磨きの大壁を成功させた。射手座、A型。2男1女の父。豆腐だけは食べられない。
http://konumasakan.blog117.fc2.com/blog-category-1.html

土人形イラスト

関連企画|ワークショップ「益子の土人形」

日時|9月19日[土]~23日[水・祝]いずれも10:00~12:00、14:00~16:00
会場|見目陶苑 土空間(道祖土)
定員|各回20名 ※予約優先、メール(mashikokenmoku@kvj.biglobe.ne.jp)又はFAX(0285-72-3160)にて受付中
参加費|一体1,500円(焼成費含む)、追加分一体1,000円(当日会場にてお支払いください。)

2009年、初めての土祭からたくさんの土人形が生まれました。今、その土人形は町のところどころで静かにたたずみ、人々に語りかけるように見守ってくれています。
今回のワークショップでは、自由に自分だけの土人形をつくっていただけます。家の玄関などに飾って守り神にすることも、花を生けたり鉛筆立てとして使ったりすることもできます。子どもも大人もどうぞ奮ってご参加ください。
※チラシはこちらからダウンロードできます。

ANO2649_web

関連企画|ワークショップ「榎本新吉流 光る泥団子」

日時|9月14日[月]、20日[日]~22日[火・祝]、26日[土]、27日[日]いずれも10:30~、14:30~(受付は開始30分前から、所要1時間程度)
会場|グレイズハウス(城内)
定員|各回10名 ※予約優先、メール(dorodango.hijisai2015@gmail.com)にて受付中。20日午前・午後と21日午前の回は予約定員に達しました。(若干名の当日枠あり)
対象年齢|3才以上(未就学児は保護者同伴)
参加費|1,000円(当日会場にてお支払いください。)

益子の土がもつ可能性や美しさ、そして豊かな表現をもっと多くの方に知っていただこうと、これまでの土祭で好評を博した「光る泥団子」のワークショップを土祭2015でも開催します。
土を磨いて、光らせる。それは、窯業や農業と同じように土とともに仕事をする「左官」の技。名左官・榎本新吉さんの現代大津磨きの技術を用いた手法でつくる泥団子を磨き、美しく光らせる過程を体験していただけます。
土祭2015では、陶芸家の若杉集さんが新たに試みてきた、芯玉も益子の土でつくる「益子流の光る泥団子」を、若杉さんから引き継いで伝えていきます。

このほか、益子や益子と繋がりのある方々の手仕事が集まる「益子手仕事村」(陶芸メッセ・益子内の芝生広場で会期中毎日開催)でも、日によって変わる出店者がそれぞれの手仕事にまつわるワークショップを多数企画しています!
詳しくはこちらから。

(土祭事務局 今井)

「益子の森」に「土祭テントサイト」がオープン!

FIMG_5271

県立自然公園「益子の森」の芝生の広場で、土祭会期中のシルバーウィークに限り、
テントサイトとして利用できるようになりました。
散策や、トリムコースなどを楽しめる森で、キャンプ場としての設備などはありませんが、
下記の要項をご確認いただき、お申し込みいただけます。

FIMG_5261
宿泊施設 フォレストイン益子。同じ敷地内のこちらの簡易シャワールームなどを利用できます。

FIMG_5269

「益子の森」について、県のページは → こちら

 天体観測施設も併設しています → こちら

[ご利用案内]

開設期間|9月19日(土) 20日(日) 21日(月) 22日(火) 23日(水)

設営場所|益子町大字益子4231 フォレスト益子敷地内 ひだまり広場(芝生広場)

設営可能基数|10基  ※1人につき1基の申込み

火気の使用|厳禁(バーベキュー、花火 他)

駐車場|フォレスト益子の駐車場をご利用下さい。(芝生への乗り入れ厳禁)

トイレ・水道|フォレスト益子駐車場内トイレ・水道をご利用下さい。

電気|広場内は、電源・電灯無し

シャワー|フォレストイン益子(宿泊施設)のコインシャワーをご利用いただけます。(22時まで、5分100円)

 ※1回(5分)100円、水曜日は休業日のため利用不可

利用料金|無料

申込み|電話 0285-70-3305 フォレスト益子まで(8:30~17:00 水曜を除く)

気持ちの良い森を拠点に土祭を楽しんでみてはいかがでしょう?
ご利用をお待ちしています!

(事務局 簑田)

三和土・土壁ワークショップ、参加者のレポートをご紹介!

7月31日から8月10日にかけて、城内地区の「グレイズハウス」で開催した、「土の空間」をつくるワークショップ「横山左官とつくる三和土・土壁」。
最終日の「壁の掻き落としワークショップ」を除く全日程に参加し、その間益子に滞在して運営にもご協力いただいた、大学院で建築を学ぶ永田光司さんによるワークショップ当日のレポートをご紹介します。

(ここから、永田さんがFacebookに投稿した文と写真を、ご本人の許諾を得て転載)

【あこがれの地、益子へ】

1週間、あこがれの地、益子(ましこ)に行ってきました
益子は栃木県南東部に位置する益子町のことで、「窯業」が有名な場所です
その益子にある古民家で益子の土を使った三和土(たたき)・土壁をつくるワークショップに参加!

DSC_1071_web

はじめの2日間は三和土(たたき)のワークショップでした!

正直、三和土についてよく知らなかった自分
左官職人さんに聞いたら、
「三和土」は、セメントがない時代から土間をつくるときに使われる素材だったんです
その土地にあるものをつかって土間をつくるのがいい!

DSC_1152_web

参加者みんなで、益子の土やにがり、砂利などを満遍なく鍬で混ぜたり、混ぜたものを「たこ」という道具を使って地面を固めたり・・・

DSC_1170_web

左官職人さんに使う素材や道具のこと、作り方などを学びながら楽しく作業!

DSC_1335_web

最後の仕上げは、コテで表面を磨いて完成しました!

DSC_1234_web

あとで知ったのですが、2日間で益子の土だけで2トンも使ったんです!

15畳の土間に2トン!驚きです!

DSC_1147_web

土間ができて

三和土の見えるところは既存の建物に対して違和感がなく素敵だし、見えない三和土の部分もその過程を知っているからなんだかいいよなあと思った2日間でした。

【あこがれの地、益子へvol.2】

益子で土壁をつくるワークショップに2日間参加!

DSC_1267_web

そういえば、

今回の土壁や三和土をつくった建物には名前があります
「グレイズハウス」っていうんです
「グレイズ(glaze)」とは、陶器を焼く際に表面にかける釉薬のことです
この建物は100年くらい前の建物で(断定はできないそうですが)戦前に釉薬の試験場として使われていたこともあり、地元の方が命名したそうです!

DSC_1467_web

そのグレイスハウスで、釉薬が付着しているレンガを今回は活用
レンガのかまどを解体したものなので、昔、陶器を焼くときに釉薬が溶けてレンガに付着したものだそうです

そのレンガも壁に沿って積み上げました

DSC_1459_web

土壁は、通常は稲藁を材料に混ぜるのですが

今回は益子でとれる麦藁も材料に入れました
もちろん、益子の土を使い、コテとコテ板を持って土壁塗りです!

DSC_1628_web

厚く塗るのにはじめは苦戦して、床に結構落としました
溝や角を塗るのが難しい!でも楽しい!

DSC_1600_web

左官職人の横山さんに教えてもらいながら

だんだんできてきて楽しくなってきて、

なんとか不器用な自分でもできました!

DSC_1616_web

楽しくて、参加者みんな真剣で無言の時間も度々
いい時間を過ごせました
実際に乾燥したら、色が少し変わるそうですが

やはり、その土地のものを使うと違和感なく既存の建物に馴染むような気がします
図面では、見ることのできない体験をできて今後の自分の糧になる時間でした

ただ土間と図面に表記するのではなく、やはり、土間をつくってみたからこそ土間を設計できるなあと感じました
そのとき、キッチンも同じだなあと。料理ができないとキッチンが設計できない。ん…..。料理どうにかしないと考える日でもありました

DSC_1622_web

その後、壁の掻き落としのWSもあったのですが

用事があり参加できませんでした。

が!

昨日、益子にもう一度行くことが決定
完成したものを見に行くことに!

楽しみです!

土祭会期中、「モバイルかまど」や「光る泥団子」をつくるワークショップの会場になります。興味ある人は参加してみてはいかかでしょうか!

ワークショップ「小沼左官とつくるモバイルかまど」
http://hijisai.jp/program/program39/

ワークショップ「榎本新吉流 光る泥団子」
http://hijisai.jp/program/program4/

※8/20正午から予約受付を開始しているそうです。

後々は、ゲストハウスとして使われる予定!

参加した皆さんとまた会える場にもなりそうで今からワクワクしています。

(転載ここまで)

会期中のワークショップは予約優先となります。
ご予約についての詳細はこちらをご確認ください。
「土の空間」で左官の技に触れるワークショップに、みなさまのご参加をお待ちしております!

(土祭事務局 今井)

ワークショップ「横山左官とつくる三和土・土壁」開催中(追加募集も!)

DSCN8033_web

ワークショップ開始を待つ「グレイズハウス」。(7月31日撮影)

DSCN8257_web

「三和土ワークショップ」も(8月1日撮影)

DSCN8594_web

「壁塗りワークショップ」も(8月5日撮影)

DSCN8639_web

横山左官の懇切丁寧な指導で無事に終了し、残るは8月10日(月)「壁の掻き落としワークショップ」1日限り!

DSCN8551_web

<横山和弘(よこやま・かずひろ)プロフィール>
1957年東京生まれ。越後屋左官店の家業を継ぎ、その後久住章氏の招きで花咲団に参加するなど、左官技術の向上につとめる。施主、建築家、デザイナー、クリエイターからの信頼もあつく、現代的な左官仕上げも伝統的な仕上げもオールマイティにこなす。職人が手掛ける美しい仕上がりは、カタログから選ぶのとは全く異なる唯一無二のものと考える。越後屋左官店WEBサイトhttp://echigoya-sakan.com

あの「三鷹の森ジブリ美術館」も手掛けた横山左官の指導を受けられる「壁の掻き落としワークショップ」、参加者を追加募集します!
8月10日(月)朝9時~夕方(進捗状況による)、部分的な参加も可能です。

参加したい!という方は、ご参加いただける時間帯と氏名・年齢・連絡先電話番号を明記して
glazehouse2015@gmail.com
までメールにてお申し込みください。
経験等は問いませんので、是非お気軽にご参加ください!

(土祭事務局 今井)

ページの上部へ戻る