土祭2015アルバム|月待ち演奏会

[この土地で生きることの祭り「結ぶ」城内エリア]
「月待ち演奏会」土祭広場(城内)

土祭会期中の9/13,19,20,21,26,27日の6日間、藍の道町営駐車場「土祭広場」にて、開催した「月待ち演奏会」

今回の演奏会は、伝統芸能はもちろん、子供たちの演奏あり、土祭オリジナルの合唱団など、幅広いジャンルの構成で開催しました。屋台の運行や映像作品の上映まで含めると、総勢31組の皆さんにご出演いただきました。一部画像とともに振り返ります。

 

オープニング

会期初日の夕刻、実行委員長の挨拶のあと、土祭では恒例となっている「天人疾風の会」の勇壮な演奏で幕を開けました。今回の天人疾風の会は、昨年6月に、アメリカオハイオ州のダブリン太鼓との見事な共演を果たした「天人ジュニア」も加わり、より「未来につなぐ祭り」を象徴する開幕の演奏となりました。

天人Jr

天人ジュニアの皆さん

 

伝統を継ぐ

「芦沼獅子舞保存会」「長堤太々神楽保存会」「綱神社太々神楽保存会」「城内囃子連」「道祖土お囃子会」「小泉お囃子会」「東田井上郷・下郷お囃子保存会」「新町お囃子会」「田町お囃子会」「内町お囃子会」の皆さんにご出演いただきました。19日に予定していた「妙伝寺雅楽会」と「大沢お囃子会」の演奏は、残念ながら、突然の雨で中止となってしまいましたが、皆さん、いずれも安定感のある舞や演奏は、継続した練習のたまものです。

_DSC7273綱神社2
綱神社太々神楽

新町おはやし
新町お囃子会

小泉1
小泉お囃子会

 

益子のこどもたち

26日の演奏会『こどもの日』に、「たから幼稚園」「北中子供みこし」の子供たちが出演してくれました。年少さんから年長さんまでのすべての園児が、歌や演奏を披露し、会場は笑顔に包まれました。北中の子供みこしは、酒樽で作られたみこしです。長い間、途絶えていたものを昨年復活させたものです。自ら、「北中ファミリー」と名乗るだけの、結束力を感じる地域です。

たから1
たから
たから3
たから幼稚園

北中子供みこし
北中の子供たち

 

多彩な益子人

「民謡:浦壁進松・あじさい会」「ネイバース」「Joy smile」「鳴神」「なのぽったと仲間たち」「ジェベナッツ」の皆さんにご出演いただきました。祭りで言う「つけまつり」的な位置づけで、伝統芸能とはまた違う、益子の風土(人)を感じる演奏と踊りを披露していただきました。

なのぽった
なのぽったと仲間たち

ジェベナッツ2
ジェベナッツ3
ジェベナッツ
ジェベナッツの皆さんと仲間?

 

益子の粋 「屋台・山車の運行」

26日の「こどもの日」に、新町・田町・内町・城内・道祖土・塙から6基の屋台と山車が土祭広場に集合しました。この日は、開始時間を3時に繰り上げ夕焼けバーと演奏会を開始しました。屋台が会場に到着すると、会場周辺は一気にお祭りムードに。


屋台全景

屋台新町
新町彫刻屋台

屋台田町
田町彫刻屋台

屋台内町
内町彫刻屋台

山車城内
城内山車

屋台道祖土
道祖土屋台

屋台塙
塙屋台

 

新たな可能性 「映像上映」

今回、初の試みで実施した土壁での上映。新町☆組が制作した「益子の祇園祭」と、作家の川本さんが、益子の子供たちとワークショップで制作した「シネカリグラフィー」の2本立てで上映しました。演奏会「こどもの日」の最終プログラム。大勢の老若男女が映像に見入りました。

シネカリ4

シネカリ2

シネカリグラフィー 製作:川本直人と益子の子供たち

祭り映像

祇園祭映像 製作:新町⭐(ほし)組

 

土祭の名のもとに集う 「土祭合唱団」

土祭で「大地讃頌」を歌うことを目的に結成された合唱団は、演奏会史上最多の総勢83名のメンバー。7月から土祭最終日の出演直前まで厳しい練習を重ねました。人数が多いため心配もありましたが、本番では、メンバーの想いと声が一つにまとまり、秋空に感動の歌声が響きわたりました。

土祭合唱団の皆さんは、後日、12月の定例議会の初日開会前、役場議場にて、土祭の時と同様に「大地讃頌」と「花は咲く」の2曲を、ミニコンサートの形で再び披露しました。

 

土祭合唱団
土祭合唱団

 

「朝崎郁恵さん」

第1回からご出演いただいている奄美島唄の第一人者朝崎さんが登場。童謡「ふるさと」に、いつも益子が重なるとおっしゃいます。「風土」を唄い続け、聴くものの心をとらえる朝崎さんの歌声に、聴衆は引き込まれました。
朝崎2

朝崎3
朝崎聴衆 (2)
朝崎聴衆

 

足下を照らす灯り

出演者がはけた土舞台。作家の川村忠晴氏制作の照明が土壁を美しく照らします。浮かび上がる地層は、歴史の積み重ね、日々の暮らしの積み重ねのようでもあります。まるで灯りたちが唄っているようにも見えますね。
灯り2

灯り

灯り全景

(事務局 加藤|写真 長田朋子 矢野津々美 他)

[土祭2015アーカイブ]月待ち演奏会 鳴神

土祭広場で開催した「月待ち演奏会」

「つけ祭り」として20日に開催したステージから「鳴神」の演奏を。
仲間の方が撮影しアップされているものを、みなさまにも。

「鳴神」という名前については
益子の人と暮らしを伝える『ミチカケ』3号の特集「わたしのなまえ」でお読みいただけます。
初代「鳴神」のメンバーでもあり、この日同じ舞台で演奏された「ネイバーズ」の池上さん、栗原さん、
そして現・鳴神のベース・太田さんも登場されます。
こちらもぜひ。
土地と人と、風土と音楽。あわせてお楽しみください。

ミチカケ公式サイト ミチカケを読む → こちらを

(事務局 簑田)

 

月待ち演奏会 千秋楽

27日。
朝の雨も止み、雲も早足で流れ、みごとに晴れ渡った空に満月前夜の月が昇り
土舞台「月待ち演奏会」に、奄美島唄唄者の朝崎郁恵さんをお迎えしました。

IMG_5895

2009年の第1回土祭から毎回この舞台で歌っていただいていますが
「この土地で生きることの祭り」を耳で目で心で、感じることができるステージ。
奄美の島でも内陸の益子でも、風土に寄り添いながら生きることは同じように尊いこと。

祭りの歌には、魂が笑い、手足が体が自然に動く出す踊りがつきもの。
小さいお友達はもう最初から舞台の前で踊っています。(左端に見えますか?)
IMG_5900
終盤では、大人たちも! 
踊る阿呆も見る阿呆も、月明かりの下で。
IMG_5912IMG_5916
そしてアンコールは、「この町に来ると歌いたくなります」と、「ふるさと」を。
IMG_5929

IMG_5934
至福のひとときをありがとうございました。

さて、明日、28日(月)が最終日。
平日ではありますが、お時間あります方は、ゆっくりと会場を散策ください。
お待ちしております!

(写真・文 事務局 簑田)

土祭合唱団、練習中!

会期中、土祭広場で開催される「月待ち演奏会」。
町内の伝統芸能のほか、町内で活動するグループの出演もあります。

 9月27日に出演予定の「土祭合唱団」は、町内有志により結成された、
その名の通り「土祭のための合唱団」。

 本番に向け、ただいま練習真っ最中!

1

2

3

 この日の練習は益子中学校で行われ、校舎内に50名以上の歌声が響き渡りました。

4

 気になる曲目は……ぜひ会場でお確かめください!

5

 (月待ち演奏会チーム 小滝)

ページの上部へ戻る