土祭2015アルバム|ゲストハウスプロジェクト

前回の土祭2012では「土祭食堂」としてお客様をお迎えした、戦前に釉薬の試験場として
使われていたと伝わる城内坂路地裏の歴史ある建物「グレイズハウス」。
普段は空き家になっているこの建物を改修し、地域の方々とゲストハウスとしての活用を
模索するプロジェクトが始動しました。

そのテーマは「結び目をつくる」。
人と人、人と地域、そして地域と地域の「結び目」となる場づくりを目指して、
土祭2015会期中は、ご来場の皆様の憩いと交流の場として運営しました。

改修ワークショップを始めとする会期前の取り組みを含めて、写真で振り返ります。

 

2015年4月27日|改修前の調査

DSCN2772

DSCN2785

陶器市の出店場所として使われていることから、そのための資材などが置かれていた建物内。
建物所有者の方などにご協力いただいて片付けを進めながら、改修の構想を練っていきました。

 

2015年5月30日|横山左官の「土探し」

DSCN3261

DSCN3311

土祭の企画として建物を改修するからには、益子の土にこだわった「土の空間」をつくりたい。
三和土と土壁のワークショップの講師を依頼した横山左官の希望で、益子の陶芸家にご案内いただいて
改修に使う土を探しました。

 

2015年6月30日|解体・補強工事

DSCN3829

DSCN3846

土祭会期中やその後の活用を考え、玄関を入って正面の壁を取り払って広い土間をつくることに決定。
壁・床・天井の解体やそれに伴って必要となる補強などの工事は、安全性の観点からプロに依頼しました。

 

2015年7月31日・8月1日|三和土ワークショップ

DSCN8047

DSCN8105

DSCN8257

材料を調合し、土間に流し込んで「たたく」一連の作業をワークショップ形式で実施。
実際に「たたく」体験ができる機会は珍しいとのことで、初めてという方からプロの方まで幅広く
ご参加いただきました。

 

2015年8月5・6・10日|土壁ワークショップ

DSCN8468

DSCN8710

DSCN8763

益子の土と麦わらを混ぜて壁に塗り、乾燥してから掻き落として表情を出すワークショップを開催。
壁の下部には益子の陶芸家から譲り受けた釉薬の付着しているレンガを使い、「グレイズハウス」の名に
ふさわしい空間が出現しました。

 

2015年9月23・24日|モバイルかまどワークショップ

_ANO1842

_ANO1860

_ANO2015

小沼左官の指導の下、卓上で使えてそのまま持ち帰ることのできる二合炊きのかまどをつくり、
「土の空間」をつくる左官技術に触れていただくワークショップを会期中に開催。
実際にモバイルかまどで炊いたご飯の試食も行い、「おいしく炊けている」と大好評でした。

 

2015年9月13~28日|会期中の活用

_ANO0151

_ANO1862

_ANO2026

土間は光る泥団子ワークショップの会場として、座敷は益子の生き物などを紹介する展示の場として、
さらに玄関脇の受付は地元の城内地区の方による散策路案内などの拠点としてご活用いただきました。

「グレイズハウス」の今後については、ゲストハウスとして活用するには更に大幅な改修を要することから、
それ以外の選択肢も含めて、継続的な活用方法を探っていきたいと考えております。

(事務局 今井|写真 長田朋子 矢野津々美 土祭事務局)

[土祭2015アーカイブ]月待ち演奏会 鳴神

土祭広場で開催した「月待ち演奏会」

「つけ祭り」として20日に開催したステージから「鳴神」の演奏を。
仲間の方が撮影しアップされているものを、みなさまにも。

「鳴神」という名前については
益子の人と暮らしを伝える『ミチカケ』3号の特集「わたしのなまえ」でお読みいただけます。
初代「鳴神」のメンバーでもあり、この日同じ舞台で演奏された「ネイバーズ」の池上さん、栗原さん、
そして現・鳴神のベース・太田さんも登場されます。
こちらもぜひ。
土地と人と、風土と音楽。あわせてお楽しみください。

ミチカケ公式サイト ミチカケを読む → こちらを

(事務局 簑田)

 

月待ち演奏会 千秋楽

27日。
朝の雨も止み、雲も早足で流れ、みごとに晴れ渡った空に満月前夜の月が昇り
土舞台「月待ち演奏会」に、奄美島唄唄者の朝崎郁恵さんをお迎えしました。

IMG_5895

2009年の第1回土祭から毎回この舞台で歌っていただいていますが
「この土地で生きることの祭り」を耳で目で心で、感じることができるステージ。
奄美の島でも内陸の益子でも、風土に寄り添いながら生きることは同じように尊いこと。

祭りの歌には、魂が笑い、手足が体が自然に動く出す踊りがつきもの。
小さいお友達はもう最初から舞台の前で踊っています。(左端に見えますか?)
IMG_5900
終盤では、大人たちも! 
踊る阿呆も見る阿呆も、月明かりの下で。
IMG_5912IMG_5916
そしてアンコールは、「この町に来ると歌いたくなります」と、「ふるさと」を。
IMG_5929

IMG_5934
至福のひとときをありがとうございました。

さて、明日、28日(月)が最終日。
平日ではありますが、お時間あります方は、ゆっくりと会場を散策ください。
お待ちしております!

(写真・文 事務局 簑田)

子供達、土祭広場に集まれ。今日は、「子供の日」月待ち演奏会、土祭駄菓子 (夕焼けバー)は3時から。

pr40-5

本日の夕焼けバーは「こどもの日」子供達が月待ち演奏会に出演する日になります。
この日に合せて、益子の方々が土祭の駄菓子作りを行いました。
本日は15時から駄菓子屋を土祭広場でオープンしています。

OOBAN

土祭駄菓子屋の詳細はこちらから
http://hijisai.jp/blog/musubu/musubu4/
http://hijisai.jp/blog/musubu/4552/

 

益子の食「夕焼けバー」

日程|9月13日[日]、19日[土]~21日[月・祝]、26日[土]、27日[日]
会場|土祭広場(城内)
「土舞台 月待ち演奏会」の開催に合わせて、土祭広場の特設屋台でオープンします

本日の夕焼けバーの出店者はこちら
Honey bee & Harmony
猫車
土祭駄菓子屋
café 濱田の台所
お好み焼きARIGATO
伊澤商店
trattoria blackbird
手鞠
Cafe Bar Banda
商工会青年部
大羽んぶる舞い
もりえ
和食処よこた
トン太ファミリー

出店者の詳細情報はこちらから
http://hijisai.jp/blog/musubu/musubu5/

 

月待ち演奏会「子どもの日」|26日

日時|9月26日[土]15:00~21:00
出演|たから幼稚園、なのぽった(陶笛)、北中子どもみこし、山車・屋台6基(新町・田町・内町・城内・道祖土・塙)運行+新町お囃子会・田町お囃子会・内町お囃子会益子の子どもたちのマーチングバンド、陶笛、子どもみこしに続いて、お囃子と共に益子祇園祭で運行される山車・屋台6基が勢揃い。町民制作の映像作品「益子祇園祭」と子どもたちがワークショップで制作したシネカリグラフィーの上映が最後を飾ります。

整理券配布のご案内

IMG_5447

映画や映像の上映、
古い映画のパンフレトや関連した古本や新刊本の販売、
50年前に閉館した益子の映画館「太平座」関係者が保管していた
映画のポスターの掲示。
監督や企画者のトークイベント…と、もりだくさんの「まちなか映画館 太平座」

明日の上映から、それぞれの上映時間の30分まえから「整理券」をお配りします。

IMG_5443
見たい映画をこちらでチェックしていただいて(映画のラインナップと上映日時) → こちらを。
30分まえから整理券をゲット。
そして、併設の「まちなか本棚」で販売されているパンフレットや本をみたり、
ヒジノワカフェでお茶しながら上映をお待ち下さい。

*23日の「ASAHIZA 人間は、どこへ行く」は、予約を受け付けております。
 予約Email:hugcine2013@gmail.com

(事務局 簑田)

ページの上部へ戻る