土祭2015アルバム|益子風土学セミナー

「風土・風景を読み解くプロジェクト」の聞き取りなどで浮き彫りになってきた課題の中からテーマを設定し、
町外の専門家と町内の実践者たちとともにトークセッションを行った「益子風土学セミナー」。
中学生による特別編を含む全6回の様子をご紹介します。

 

第1回|「森と里と海から考える、土と農業のこれから」

ゲストスピーカー|新井章吾(海藻研究所所長)/伊沢正名(糞土師・自然写真家)
司会進行ナビゲイター|廣田茂十郎(土祭実行委員会)

web1_IMG_7810

web1_IMG_7869

水の循環をキーワードに全国の農林水産業の現場に関わる新井さんと、命の循環という観点で菌類のはたらきや人間と自然との関わりを探究する伊沢さんが、それぞれの活動の成果を来場者に共有。
町内で農業を営む廣田さんの進行の下、来場した農家の方も交えた意見交換はランチタイムトークまで続きました。

web1fw_DSC_0587

web1fw_DSC_0595

午後はゲストスピーカーのお二人が案内するフィールドワーク。
伊沢さんの経験に基づく「マイ葉っぱ探し」と新井さんが専門とする「湧水の観察」を一度に楽しめる、またとない機会となりました。

 

第2回|「民藝の町で考える、作ることと売ること」

ゲストスピーカー|白岡彪(トットリプロダクツ協議会)
益子スピーカー|髙山英樹(木工家具作家)、島田恭子(陶芸家)
司会進行ナビゲイター|濱田琢司(南山大学人文学部日本文化学科教授)

web2_IMG_9688

web2_ANO9686

民藝産地の一つである鳥取からお招きした白岡さんが、約80年前に民藝運動を実践した「吉田璋也を今日的に見直す」取り組みを紹介。
益子スピーカーとしてご登壇いただいた町内の作り手お二人と、濱田庄司の孫で民藝の研究者でもある進行役の濱田琢司さんが、鳥取と益子の状況を比較しながらそれぞれの視点を提供し、多角的に「民藝」や「産地」を考える場となりました。

 

第3回|「風土とともに継ぐ音楽」

ゲスト演者|内田輝(音楽家)
益子演者|益子町山本 妙伝寺雅楽
司会進行ナビゲイター|町田泰彦(土祭企画運営委員会)

web3_IMG_5569

web3_IMG_5588

14世紀の西洋で生まれた鍵盤楽器クラヴィコードの演奏活動を行う内田さんと、益子・山本地区の妙伝寺で明治20年から雅楽を継いでいる地域の方々とが出会い、それぞれの背景の解説とともに演奏を披露。
生まれた風土も音の大きさも全く異なる二つの音楽がお互いを引き立て合う、ここにしかない場が出現しました。

 

第4回|「益子での自然エネルギーの可能性」

ゲストスピーカー|三浦秀一(東北芸術工科大学建築・環境デザイン学科教授)
益子スピーカー|橋本晧朗(町環境基本計画推進委員会前委員長)、高島由典(高島油店)
司会進行ナビゲイター|廣瀬俊介(土祭風土形成ディレクター)

web4_IMG_5622

web4_IMG_5644

山形を中心に森林のエネルギー利用に携わる三浦さんが、豊富なデータと事例を基に益子の森林のもつ可能性を説明。
続いて町内で環境問題に取り組むお二人がそれぞれの活動を紹介し、それを受けて地域経営の視点を交えた活発な意見交換が展開されました。

 

第5回|「益子の光 表現者と宗教者の対話」

ゲストスピーカー|高橋恭司(写真家)
益子スピーカー|合群信哉(清浄寺住職・親鸞研究者)
司会進行ナビゲイター|廣瀬俊介(土祭風土形成ディレクター)

web5_IMG_0716

web5_ANO4138

益子の歴史にも深く関わる浄土真宗のことを手掛かりとして、益子から世界に出た写真家の高橋さんが投げかける「生きること」にまつわる問いに対し、宗教者の立場から合群さんが答えるやり取りに、来場者からの質問も加わって白熱した展開に。
益子で育った同級生同士の対談ということもあり、お二人の旧知の方々を始め多くの来場者にお集まりいただき、会場は熱気に満ちていました。

 

特別編|中学生企画「益子町の魅力を探る“移住者インタビュー”」

企画運営|七井中・益子中・田野中有志9名
ファシリテーター|益子出身の学生2名

web6_DSCN9113

web6_DSCN9131

町内3中学校から集まった中学生自らが益子への移住者にインタビューし、その結果を皆で考察して見えてきた「益子町の魅力」を、各自の感想や気付きとともに来場者に向けて発表。
ファシリテーターや来場者からの質問にも堂々と答える姿に、会場からは惜しみない拍手が送られていました。

 

ランチタイムトーク

web0_ANO4143

特別編を除く各回で、登壇者を囲んでの「つづき」の時間として開催したランチタイムトーク。
会場のある田町エリアの名物「ビルマ汁」の付いた「田町定食」が地元商店の協力により提供され、登壇者と来場者との交流の場を支えました。

(事務局 今井|写真 矢野津々美 土祭事務局)

「美術と哲学と宗教の話をしない老後はいやだなあ」

「益子風土学」始めます! 
「ランチタイムトーク」 参加の予約を受け付け中です!

IMG_8344
                           《撮影 矢野津々美》

タイトルにした言葉は、「益子風土学セミナー」でご登壇いただく
益子出身の写真家・高橋恭司さんが、打ち合わせの席で語られた言葉です。

「風土・風景を読み解くプロジェクト」で浮かび上がってきた今日の課題や明日へのテーマをもとに
企画した「益子風土学セミナー」が、20日から始まります。

「土・農業」「産地・作ることと売ること」「伝統芸能・音楽・継ぐこと」
「山資源の活用と再生利用エネルギー」「表現と宗教」…そして、中学生企画の「移住者からみた益子の魅力」。

全6回の詳細は、「プログラム」のページをごらんください。 → こちら

各回で、セミナー終了後、登壇者の方たちとランチを食べながら、さらにおしゃべりを続ける
「ランチタイムトーク」の参加者の予約を受け付けています

日時|9月20日[日]、21日[月・祝]、23日[水・祝]、25日[金]、26日[土]いずれも12:45~13:30
定員|各回12名
参加費|昼食代1,000円(当日「益子風土学セミナー」受付時にお支払いください。
予約メールアドレスhijisai2015yoyaku@gmail.comまで、「ランチタイムトーク」と明記の上
①お名前②年齢③住所④連絡先電話番号⑤お申し込みの日…を書いてお申し込みください。

講師の方や、そのテーマで活動している益子スピーカーたちとじっくり話せる、またとない企画。
ぜひ、ご参加をお待ちしています。

………………………

第1回目 講演1 海から土や農業を考える新井章吾さん。益子町下大羽地区で湧水などの調査中の様子。
全国を飛び回る新井さんの活動記録は、Facebookを → こちらを
DSC00686

もうひとりの講師、糞土師・伊沢正名さん(当日は「マイはっぱ探し」のフィールドワークも参加者募集中)
公式サイトは、その名も「糞土研究会ノグソフィア」 → こちらを
22Nov2014_noguso (7)

第2回目の講師 益子と同じく民藝運動の地方での一拠点となった鳥取からお招きする
白岡彪さんがプロデューサーを務めるトットリプロダクツ協議会のサイトは → こちら
そして講演でも語られる、鳥取の民藝プロデューサーだった吉田松や

第3回目の講師 音楽家の内田輝さんと登壇する山本地区・妙伝寺雅楽のみなさんの練習風景。
妙伝寺雅楽からのご参加は、柳一巳さん(篳篥・ひちりき)広沢和栄さん(龍的・りゅうてき)
国政誠さん(笙・しょう)の3名。
IMG_0237

第4回目の講師 山の資源活用・再生利用可能エネルギーをテーマにお話いただく三浦秀一先生
インタビュー記事を予習としてどうぞ。→ こちらを。

第5回目の高橋恭司さん、合群信哉さん、司会の廣瀬ディレクターとのうちあわせ風景(於ヒジノワ)
益子待ち出身の高橋恭司さんは、写真界で後に続く若い世代に強烈な影響を与え続けてきました。
多くを語られているようで語られていない(かもしれない)彼のプロフィールは、
こちらの展覧会記事をご覧いただければと思います。→ こちらを。
IMG_0340

今回、高橋さんご本人が対談相手にお願いしたのは、同級生でもあり親鸞研究者でもある清浄寺のご住職。
このブログのタイトル「美術と哲学と宗教の・・・」は、打ち合わせの際の高橋さんのつぶやきですが、
「生きることの祭り」の中での「益子風土学セミナー」、最終回まですべて、ご期待ください。

*会場となる元松原飯店は、こちらの地図中で「9」の位置。→ こちらの地図を。
 電車でお見えになる場合は、益子駅から徒歩8分ほど。
 お車の場合は、こちらの地図で「P3」の無料駐車場が一番近く、歩いて約5分ほど。→ こちらの地図を。
*ご参加には、土祭パスポート(500円、中学生以下無料・会期中何度でも使用可)のご提示が必要です。
 会場でも販売しております。

ご来場をおまちしております!

(事務局 簑田)

「益子風土学セミナー」中学生も動く!

この土地で「生きること・暮らすこと」をさらに楽しみ、さらに深めていくために、集い、語り合い、「識る」ための場として開く「益子風土学セミナー」。
風土・風景の読み解きの中で課題として浮かび上がってきたことから設定したテーマで行う全5回に加えて、町内3中学校の有志9名が話し合って決めたテーマで、中学生自ら発表まで行う「特別編」を開催します!

テーマを決める話し合いに集まった中学生たちから出たのが、「益子をもっと知りたい」という思い。
そのためにはどんな方法が効果的か?
ファシリテーターとして参加している益子出身の大学生の助けも借りながら、「益子町の魅力を探る“移住者インタビュー”」というテーマが決まりました。

IMG_1239_web
IMG_7837_web
DSC_0518_web

中学生たちは3つのチームに分かれ、農家、陶芸家、カフェのオーナー、会社員など、様々なバックグラウンドを持つ移住者にインタビュー。

DSCF8202_0826中学生打合せ_web

インタビューの結果を持ち寄って分析・考察を加え、そこから見えてきたことを書き出していきます。

その内容から伝わってくるのは、中学生たちが考えるこれからの益子のこと、そしてこれからの生き方のこと。
それを「益子町の魅力」と共にご来場のみなさんの前で発表し、意見交換に臨むため、着々と準備を進めています。
9月22日(火・祝)10:30~12:30、元松原飯店(田町)での本番に、どうぞご期待ください!

「ランチタイムトーク」と「フィールドワーク」のご案内

「益子風土学セミナー」では、「特別編」を除く全5回で「ランチタイムトーク」を開催します。
地元・田町のみなさんが腕をふるう「土祭田町定食」をとりながら、ゲストスピーカーや益子スピーカー、そして司会進行ナビゲイターを囲んでのフリートークの時間です(各回定員12名、予約優先)。
また、9月20日の第1回では、昼食後にゲストスピーカーのお二人がそれぞれの視点で益子町内をご案内する「フィールドワーク」も開催(各コース定員10名、予約優先)。
セミナー全5回の紹介はこちら、予約受付についての情報はこちらをご覧ください。
いずれも先着順で受け付けておりますので、ご予約はお早めにどうぞ!

(土祭事務局 今井)

ページの上部へ戻る