土祭2015アルバム|ドウメキのコウホネ

[この土地で生きることの祭り「澄ます」ドウメキのコウホネ:西明寺エリア]

城内エリアから南へ。そこにはまちなかを流れる百目鬼川の源流と上流を有する農村地帯が広がります。

北と南の植物が同居する希有な山・高舘山には、中世にルーツを持ち「水」にまつわる伝説も多い古寺・西明寺が残ります。

歴史ある時間軸とゆるやかな起伏のある里山の空間軸の中で、作家展示、パフォーマンス、ワークショップなどを行いました。

また、水環境の変化によって絶えてしまい、地元の方々が復活を夢見ている「コウホネ」を西明寺地区で行う企画全体の象徴として掲げ、関わってくださった方々の拠り所となるものでした。会期中の様子を写真で振り返ります。

 

展示|「片影」橋本雅也 

会場|赤目薬師堂奥の林

見晴らしの良い丘の上に、祖先の眠る墓地と明治時代に地元有志の手によって建てられた赤目薬師堂。草叢の向こうにはヒノキ林が広がり、そこへと続く道は綺麗に整えられ、優しい風が丘の下から吹き、気が付くと一歩、また一歩と、歩き進んでしまうような空間が広がっていました。

111

222

333444555666

展示|「ユク」澤村木綿子 

会場|ドウメキのコウホネ田んぼ

百目鬼川上流部の谷津田で、地中に埋もれた土の層を掘り起こし、そこに眠る植物の種子を発芽させようと、「コウホネの復活を待つ」試みが行われている場所。この場所で、丁寧に作品づくりと向き合う、澤村さんの作品が展示されました。作品づくりへの思いを文章につづられ、過去のブログ(8月4日掲載)に掲載していますので、併せてご覧ください。→こちら

1

2

3

4

5

6

ワークショップ|「ドウメキのドウノネ探し」ウエヤマトモコ 

会場│百目鬼川周辺

百目鬼川沿いを参加者と一緒に散策しながら、そこに蠢く音たちに耳を澄まし、音を採集(録音)し、参加者の記憶とを繋げたサウンドマップをワークショップを通じて制作しました。

_ANO9805 _ANO9817 9761 IMG_9748 IMG_9734 IMG_9757

創作・朗読|「ドウメキのコウホネ」町田泰彦・岡安圭子

会場│ドウメキのコウホネ田んぼ

静かに川を流れる水の音が心地よく聞こえるコウホネ田んぼで、朗読会、ワークショップを行いました。下記の写真は、ワークショップ時のもので岡安圭子さんが朗読している1コマです。ワークショップに参加された方からは、「あの空間で聞いた岡安さんの言葉、声は透き通るようでとても心地良かったです。」といった感想をいただきました。

IMG_8096

 

イベント|「花」杉謙太郎

会場│ドウメキのコウホネ田んぼ

彼岸花をコウホネ田んぼに捧げるワークショップを関係者を中心に行われ、参加された方やその場に居合わせた方々は不思議な時間を体験しました。

IMG_7980

IMG_8024

コウホネ田んぼが拠り所となり、様々な関係者の方々に携わっていただきました。空間を構成するコウホネ田んぼは、時間帯によっていろいろな表情を見せてくれました。下記写真はそのほんの一部ですがご紹介します。

_ANO9116

_ANO9398

 

 

_ANO9513  _ANO9488 _ANO9403  _ANO9393

_ANO9501

 

(事務局 増田|写真 長田朋子 矢野津々美)

 

赤目薬師堂奥の林|橋本雅也

IMG_5287

IMG_5288
今春以降、益子の西明寺地区を何度となく訪れ、
早朝から夕暮れ時、そして、夜。
時間と陽の光の移ろいの中を歩き、橋本雅也さんが選んだ場所は
赤目薬師堂の奥に広がる林の中。

IMG_5291
IMG_5294

IMG_5298

朝の光、夕の光。
光が斜めにさす時間帯は特に、豊かな表情をもつ木立の中が
橋本さんの「片影」というタイトルの作品空間になります。

「片影」橋本雅也|西明寺 赤目薬師堂奥の林 →紹介ページは、こちら

(写真・文  事務局 簑田)

 

澤村木綿子さん 想いをつなげて

西明寺ドウメキのコウホネ田んぼで展示を行う、造形家の澤村木綿子さんは、「風土・風景を読み解くつどい」へ何度もご参加いただき、また展示予定である西明寺地区の方々とも丁寧に触れ合いながら作品制作をされています。

 

その澤村さんから、先日ご友人の方々とご一緒に、作品制作をされているときの様子を教えていただきました。

 

 kohone08041

kohone08042

 

 kohone08044

c

 

 

kohone08045

kohone08046

g

h

 

———————————————————————————————————————————–

 -絞りのお手伝い会-

 土祭に展示する作品「ユク」に 草木染めの絞り染めをした布を使う

のですが、 その絞りの作業に 益子や茂木や真岡などの友人に声をか

けて お手伝いしてもらいました。

 

7月31日の満月の日。

 

朝から夜

 まんまるなお月様がぽっかりと浮かぶまで、 チクチクと針を刺して

頂きました。

 薄い絹の布はとても大きく長くて、 一人では気が遠くなる作業なの

ですが、 みんなでやることでとても楽しい仕事になりました。

 

 針仕事に集中するみんなの姿はとても美しくて その場に居て安らか

な気持ちになりました。

 みなさん暑い中お手伝いしてくださり ありがとうございました。

 

小さな丸を糸でたくさん絞った布を、 これから藍とクチナシで染め

ていきます。

 

みんなのあたたかなこころで絞られた布が きれいに染まりますよう

にと祈りを込めて。

 澤村木綿子

 

———————————————————————————————————————————-

澤村木綿子
タイトル| ユク
会  場| ドウメキのコウホネ田んぼ(西明寺)

土祭2015 9月13日−28日

(土祭事務局 増田)

花あかり

2015073001

花あかり、という言葉がある。花のつぼみが開いて夜でも辺りがほの明るく感じることをさす言葉だ。しかし、これはそのような現象をただ単純に描写した言葉ではなく、「花と出会った」その瞬間のひとの内面をも指しているように思う。

月の明かりはなくてもいいかもしれない。新月の夜の漆黒の闇のなか、ヤマユリの匂いがふぁっとわたくしに届いたその瞬間はっとして、花というモノを超えたその存在を感じることがある。その一線を越えたその存在と、そしてその存在を感じたわたくし、その内面に起きた変化を、花あかり、と言ってしまってもいいと思う。

考えてみれば、人は、「花と出会う」というところから既に遠く離れてしまっているのかもしれない。花屋で売られている花は確かに美しいかもしれないけれど、ただそれだけでは私たちはどこへと連れてゆかれることはない。『ドウメキのコウホネ』は、「花と出会う」ということはどういうことなのか、そんなところから始めているような気がする。

2015073011

2015073012

2015073013

2015073019

2015073014

2015073015

2015073020

2015073021

2015073018

4月、皆既月食の日にふとした発想でどんど焼きを行った。そして、どんど焼きの火が花のメタファーだったということに後日気がついた。ドウメキの川の流れにいまいちどコウホネという花が咲いて欲しい、という思いが咲いた、花だったのだ。

つい先日、コウホネの畑とよばれる場所に水が張られた。その際、ドウメキ川の源流の水を山茶碗に注ぎ、畑の口にお供えさせてもらった。その山茶碗は、コウホネの種が眠る地層から掘られた粘土が使われ、どんど焼きの火によって焼かれたものだ。

どうかコウホネがふたたび咲きますように、そしていつまでもドウメキの水が絶えませんように。

私にとってドウメキのコウホネは遊びであるが、その遊びは、とてつもない遊びになりつつある。(文:町田泰彦/写真:矢野津津美)

ページの上部へ戻る