「益子の原土を継ぐ」陶芸家 庄司 千晶さん

益子で採れる原土を用いて陶芸家・染織家・日本画家・左官、24名の作家たちが、
新しい表現に挑戦しています。
益子の原土「北郷谷黄土」「新福寺桜土」「大津沢ボクリ土」の3種類を使用し制作。
作品は、土祭期間中、展示会場のひとつとなる、陶芸メッセ内 旧濱田邸で、展示します。
24名の作家の、作品への想いを紹介します。

陶芸家 庄司 千晶さんの、作品への想いを紹介します。 
益子の原土を継ぐ 庄司千晶さん

大沢地区に庄司さんの細工場はあり、中へ入ると、白い型がたくさん置かれてありました。
益子に来るまでをお聞きしますと、大学中に陶芸と出会い、漆にも興味を持ち、
漆の道にも入られたのだとか。東京でインテリアスタイリスト・コーディネーターとして活躍し、
陶芸を学ぶために、再び、大学へ。
益子陶芸美術館 陶芸工房スタッフとして勤務した後に、独立。

益子の原土を継ぐ 庄司千晶さん

「私は、磁土をいつも使用しているのですが、原土を使ってみたいと常々思っていました。
益子の原土を扱っている陶芸家の中で、若杉集さんは、
原土を表現するのに関して圧倒的な存在です。
若杉集さんに、会いたいなと思っていました。
でも、何もわからない状態で会うより、原土をいじり倒してから、会おうと思っていました。
自分自身やるだけのことはやってみて、第2回目の土祭で、原土を使って、
若杉さんと他のもう1人の方と、3人で表現しようというのに参加して、
その時、初めて若杉さんにお会いしました。
第2回目の土祭の作品で、自分がこういうのをやりたいんだという
方向性を見いだせたように思います。これが、第2回目の作品のひとつです。
掘ってきた地層が美しく、そのまま、焼いてみました。
もうひとつは、掘ってきた原土を細かく粉にして、地層を表現してみました。」

掘ってきたそのままの原土。
この地層は自然が生み出した曲線。

「私は長くやりたい仕事として、磁土で、型を用いて成形をしています。
器は器として、オブジェはその時の気持ち、今までの道のりも乗せて表現できたらと思っています。
原土とのつながりというと、いつもは磁土を仕事にしているので、自分の中で葛藤がありました
ようやく、前の土祭から3年が経ち、原土に引き寄せられるかなというところになりました。
前は、原土に片思いしているような感じで、1人よがりにぶちまけた作品でした。
この人、好きっていう感じで作っちゃった感じ。」

原土に対して片思いと話した恥ずかしさもあるのか、口に笑みを浮かべながら話す庄司さん。

益子の原土を継ぐ 庄司千晶さん

石膏型に泥漿(粘土と水を混合状態にしたもの)を流し込み、
乾燥させて素地を作ることを鋳込みと言います。
手ろくろの上で成形を続ける庄司さんの横には、
乾燥を待ち、取り外されるのを待つ型がありました。
鋳込みという技法で、庄司さんは器を作り続けていらっしゃいます。

「今回は、今まで使ってきた原土とは異なる原土で、初めて扱う感じです。
色合いとか、触り心地も違う。原土の色合いがとても好きです。
地層によって、発色も違うんですよ。益子の3種類の原土、新鮮な気持ちで向き合っていますし、
前回の土祭とは、気持ちが全然違います。
日光の火山灰土の今市軽石地層は、赤くでるので、今回、この土も使います。
赤いレンガっぽい家になるかな。
もっと原土のことを知りたいし、いろんなことをやってみたい。
土祭の作品は、家の形を作ります。各原土で作って、並べます。
原土の色合いを並べるというか、コントラストを楽しみたいです。
磁土でも作っているシリーズですが、原土の色合い、風合いを出せたら・・・
何棟かあって、いろんな暮らしがあって、いろんな家があって、
磁土との表現とは違う感じに仕上がると思います。
磁土では、夢というタイトルで、暮らしや住まいはいいなと素直に作っていました。
鳥とか、葉っぱとか、いろんな人が作っている形として、家を、私も作ってみたのです。」

益子の原土を継ぐ 庄司千晶さん

「第3回目の土祭は、コンテンツが増えましたよね。
意識的にいろんな人々がかかわって、かかわる人も多くなりましたね。
良い変化だなぁと思いました。3回目にして、広まったというか。
自分自身がかかわっていると、行ってみようとか、誰か誘ってみようとか、
自然にそういう気持ちになって、陶器市にはない集客になると思います。
土祭は、益子の雰囲気を打ち出す感じがします。
作品を見せるアートと、食や雑貨などを販売するマーケットのどちらかではなく、
アートとマーケットの2本柱のように、いろんな人、いろんな気持ちがあって、
気楽に、みんなで、盛り上がるのが私は祭りだと思っています。」

壁には、壁掛けの作品が何点か飾られてありました。
壁掛けは、新たな試みだとか。
磁土で鋳込みをし、原土を知り、新たな作品作りに挑戦している庄司さん。
白い磁土に、まっすぐに向き合う横顔から、ひたむきさが伝わってきました。

(土祭広報チーム  仲野 沙登美)

手仕事村、最終日。

いよいよ土祭も、おかげさまで最終日を迎えることができました。
メッセの芝生広場にある手仕事村では、手仕事の物販やワークショップなどがあり、
ここでしか買えない土祭の販売物もあります。例えば、土祭の公式Tシャツやポストカード、出店作家の作品集など
は今日までしか土祭では手に入れることができません。
 
 
会期中、たくさんの出店があり、また、たくさんの方が足を運んでくださいました。
ありがとうございます。
本日も、物販やワークショップなど出店数は少ないですが、オープンしています。

芝生の広場にのんびりしにきて下さい。

まだ足を運んでない方は、ぜひ手仕事村へお立ち寄りください。
 
hiji
出店者がこんなに集まるのも昨日で最後、ということで、9/27の出店者みんなで記念撮影をしました。
 
それでは、本日土祭最終日になりますが、
皆様を心よりお待ちしております。
 
(村役場・萩原)

「益子の原土を継ぐ」陶芸家 中村 かりんさん

益子で採れる原土を用いて陶芸家・染織家・日本画家・左官、24名の作家たちが、
新しい表現に挑戦しています。
益子の原土「北郷谷黄土」「新福寺桜土」「大津沢ボクリ土」の3種類を使用し制作。
作品は、土祭期間中、展示会場のひとつとなる、陶芸メッセ内 旧濱田邸で、展示します。
24名の作家の、作品への想いを紹介します。

陶芸家 中村 かりんさんの、作品への想いを紹介します。

益子の原土を継ぐ 中村かりんさん

「上三川町出身で、23歳ぐらいの時に、陶芸をやりたいなと思い始めました。
会社員として働いていましたが、25歳の時に益子に来て、窯業指導所で学んだり、
陶芸家さんのバイトなどをして、2年間学びました。」

中村さんの細工場は七井地区にあり、以前も陶芸家が借りて作陶していた場所。
中村さんは、窯業指導所1年目は、基本的なろくろの技術を学び、
2年目は伝習生として、釉薬の方を勉強したそうです。
釉薬の勉強をした証、テストピースの三角座標が何枚もありました。
少しの配合の違いで、様々な色の表現ができます。

益子の原土を継ぐ 中村かりんさん

「土祭の作品は、北郷谷の原土の白土を、人の上半身に使用してろくろでひきました。
上半身は白土、ドレスの部分は、原土をたたらにして、パーツを作ります。
私は人が作りたかったのです。原土を見せたい。
細かいパーツを作って、つなげようと思いました。」

原土を叩いたと思われる金づちやふるい。
細かく砕く作業は、骨が折れたことでしょう。

「私は、いつもは原土は使っていません。でも、窯業指導所で学んでいた時に、
陶芸家の若杉集さんと原土掘りに行ったことがあります。
水簸して、150メッシュで濾して、粘土を作りました。6年前のことでしょうか。
その粘土を放置してあって、今回のテーマに合うなと思って、取り出しました。
3種類の原土は水簸しないで、叩いて細かくして、水を入れて練りました。
成形できたので、たたら作りをしてドレスのパーツと思って焼きました。
たたら作りというのは、粘土を板状にし、これを箱型や筒状にしたり、
型に押し当てたりして形を作る技法です。ひとつ、ひとつの仕事が面白かったです。
当たり前に粘土を買っていたので、自分で粘土を作るということは新鮮でした。
初めて菊練り(粘土を練り空気を出すこと)できた時や、
芯出し(ろくろに粘土を置き、ろくろの中心に据える作業)できた時のような感動がありました。」

個展が終わったばかりの細工場に、少しだけ作品が残っていました。
傷が入ってしまった作品なので、手元に残したそうです。
女性らしいやわらかな釉薬の色彩、細やかな作業、見る人を和ませるデザイン。
伝習生として釉薬を学んだことが、作品に生きています。

益子の原土を継ぐ 中村かりんさん

「第1回目の土祭は、窯業指導所の研究生でした。
第2回目の時は、独立していて陶芸の仕事をしていて、今回の第3回目は作家としての参加。
現在、独立して6年目となりましたが、最初は、回りが見えないような感じでした。
とりあえず作ろう、作らなくっちゃと、余裕がなさすぎて、
いろんなことが見られなかったというか・・・
独立して5年が経った時、もっと益子のことと向き合いたいと思いました。
自分が益子にいる理由とはと思った時、若杉集さんから、今回の原土を使っての作品作りの
話をいただき、自分の中でこうしていきたいという気持ちが固まっていきました。
自分ができることで、背伸びをしないで、自分が成長できたらいいなと思っています。
まだまだ駆け出しで、これからという感じですが。」

中村さんの作品には、人柄がとてもよく表れているように感じます。
女性らしく丸くて、ふっくらしていて、細やかで、人を和ませる力。
中村さんの作品を見た時、心がふっと穏やかになる瞬間がありました。

益子の原土を継ぐ 中村かりんさん

歴史ある旧濱田邸に「益子の原土を継ぐ」24名の作家、そして作品。
秋風が吹く中、益子の原土から生まれた作品たちを、
あの場所で、出会っていただけたら・・・
見た人の心に「継ぐ」
益子の原土を通して、これからも、皆様とつながっていくことを、
とても楽しみにしております。

(土祭広報チーム  仲野 沙登美)

手仕事村の空きブースで出店しませんか?

いよいよ土祭も、残り3日となりましたね。
手仕事村は、手仕事の物販や、ワークショップなどがあり、ここでしか買えない土祭の販売物もあります。
 気持ちのいい空間の芝生広場に建てられた竹テントですが、空きテントがいくつかあります。
 そんな空いているブースにて出店される方を、手仕事村では募集しています。

今のところ、2名の方が出店してくださいましたので、ご紹介したいと思います。

 
e-01
お一人目の方は、村が閉まったころ ふらりと訪ねて、いろいろ話している内に「じゃあ明日出店してみようかな」と、トントン拍子に出店を決めた佐藤元紀さん。

 益子出身・東京在住の写真家で、ご両親のやきものと一緒にプリントした写真を展示されてました。
 
e-02
お二人目は、出店者の小野正穂さんの紹介で、シルバーウイーク期間中に出店された真崎功さん。
益子在住で、今回の土祭企画のひとつとして、pejiteで展示されている成井恒雄さんのお弟子さんだったそう。
 
出店の手引き
この村には、「空きブース」があります。
益子でものづくりをされている方と、益子と将来つながりたいと思う方の場所です。
以下の項目に当てはまる方の出店を募集しています。
1 土祭の主旨を理解して頂ける方。
2 手仕事であること。農産物の場合は、農業を生業としていること。
3 益子町の方、町外の方は益子と将来つながりたいと思っている方。
※ 飲食は不可。保健所に提出書類を出す必要があるためできません。
 
e-03
詳細は、村役場テントにて。

まずは、9:00ころ手仕事村へお越しください。 

村民一同 お待ちしています!

 
(事務局  萩原)
 

「益子の原土を継ぐ」陶芸家 川崎 萌さん

益子で採れる原土を用いて陶芸家・染織家・日本画家・左官、24名の作家たちが、
新しい表現に挑戦しています。
益子の原土「北郷谷黄土」「新福寺桜土」「大津沢ボクリ土」の3種類を使用し制作。
作品は、土祭期間中、展示会場のひとつとなる、陶芸メッセ内 旧濱田邸で、展示します。
24名の作家の、作品への想いを紹介します。

陶芸家 川崎 萌さんの、作品への想いを紹介します。 
益子の原土を継ぐ 川崎萌さん
「私は、鹿児島県屋久島出身で、鹿児島市の窯業指導所に3年間いました。
九州には窯業の仕事はないような気がして、島へ帰って独立をするつもりでいたんですね。
まず、独立する前に、外を見てこようと思いたち、九州だけではなく、
もっと遠いところと考えた時、益子にも行ってみようと思いました。
益子へ来て、窯元で賃引きの仕事をしていたんですよ。
賃引きというのは、ろくろでひいて、焼く手前まで完成させて、
素地ひとついくらという仕事です。
昔から職人に憧れていて、職人ってかっこいいと思っていて、
ろくろの職人になれたらと思っていたのです。
1分で1個ひくとか、スピードにこだわったりもしましたね。
速くひけるからなんだ?と人に言われたりもしましたが、速くひいた先には、
速くひける人にしかわからない世界があると思います。
スポーツ選手で、すっごく速く走った人にしかわからない世界、
そこにたどり着いた人が見えるもの、そこまでいかないとわからないですよね。
自分の感覚というか、当時はプライドを持って、ろくろをひいていました。
賃引きの仕事で、自活もでき、自信がつきました。」

川崎さんの細工場は、小宅地区にあり、雑木林の中にひっそりと建っています。
庭にあるヤマボウシの葉っぱを手に取り、
「屋久島は、コントラストが強くて、美しい自然がいっぱいで、
帰りたい気持ちになる時もあります。」
ヤマボウシの実を1つ取り、手のひらに乗せてくれました。
赤くて、コロンと丸いヤマボウシの実。
屋久島の植物は、色鮮やかで、そして、空は、もっと青いのでしょうか。

益子の原土を継ぐ 川崎萌さん

川崎さんの作品に用いられている印花(半乾きの素地に押し付けて、模様を刻むもの)
印花を購入される方もいますが、川崎さんは大きさが様々な印花を、手作りされています。
印花は、素焼きではもろいので、本焼きして使っているそうです。

「この印花のモチーフは、学生の時から使っています。
同じ印花を使って、連続させたり、色々な模様にするのが好きで、
手毬の模様や、蝶にしたりしています。
釉薬できっちり色を出すより、土祭では、土そのものの美しさをだしたいです。
作品を通して、土の、自然なままの美しさを感じてもらえたらと思っています。
灯油窯で焼き締めて、原土を見せようと思っています。
釉薬と違って、焼き締めだとやれる仕事が増えるんですよ。
今回は、単身で150目で濾して、細かくして使いました。
細かいので、石っぽく焼けるので気に入っています。
原土は、ろくろで一気に大物をひくのは難しいですね。」

益子の原土を継ぐ 川崎萌さん

壷に、ひとつ、ひとつ、丁寧に印花を押してながら、
「2年前に技術支援という形で、カンボジアに行ったことを思い出しました。
釉薬陶器を作るプロジェクトに参加したのです。
村人は鉢、米びつとかを作って、野焼きして売っていました。
素焼きなので、強度の面や、使用にしても限りがあります。
村人が作っていた鉢は、素朴な美しさ、失われていく美しさを感じました。
今回の仕事も、近いものがあると思っています。
原土は、他の土と混ぜて作ったりはしていましたが、
原土だけを使って、時間をかけて濾して焼き締めてという仕事は、なかなかできない。
原土で作るって、サバイバルな感じがします。
どこへ行っても、陶芸ができるんですよ!
荒野にぽんと置かれても、陶芸ができる。すごいですよね。
原土で作るというのは、自分の経験的にもよかった。
今までは経験がなかったけど、益子の土地がより身近に感じられるようになったような気がします。
出来も、色も良くて、原土の仕上がりが好きです。」
サバイバルという言葉に、2人でふふっと笑いました。

益子の原土を継ぐ 川崎萌さん

「今回の展示は、陶芸家の若杉集さんに誘われて、参加しました。
こういう機会に誘っていただいて、ありがたかったです。
益子にいるから、やれる仕事だと感じられました。
やらなくちゃわからなかったことです。
普段の仕事とは、違うベクトルの仕事ですが、今後も続けていきたいと思っています。」

原土を150目でふるって、細かい粉から、なめらかで肌障りの良いの粘土に。
この原土に出会ったことで、川崎さんの作品作りの幅は、
もっともっと広がっていくことと思います。

(土祭広報チーム 仲野 沙登美)

 

 

ページの上部へ戻る