土祭という旅へ ガイドブック誌面内容と販売のご案内

土祭という旅へ。

hyoshitest2

なにかを介して聞く前に、自分の耳で本当に聞き、
なにかを通して見る前に、自分の目で本当に見る。
知っているつもりになる前に、新しい土地へ自分の足で歩んでいく。
そうして出会う人や風景を通して、
土地の自然環境の上に重ねられてきた風土の中へと
さらに分け入っていくことを「旅」と呼び、この本を編みました。
北関東の小さな祭りへの誘いとして。
 (土祭2015公式ガイドブック『土祭という旅へ』巻頭メッセージより一部抜粋)
 

8月20日に発売を開始した「土祭2015公式ガイドブック 土祭という旅へ」
通信販売サイト「土祭2015ストア」 → こちら

new_h1_h4

表紙は、益子町で修行後独立、現在は埼玉に住む染め絵作家の安田麻由子さん。
益子の土と藍の顔料、にかわを用いての制作。冒頭の一枚は、素材決定までの試作の中から。

今回のガイドブックは、単なるイベント情報のガイドではなく、
わたしたちの土地のことをしっかりと伝え、長く手元においていただけるようにと編みました。
土祭2015の企画の基礎とした風土調査「益子の風土・風景を読み解くプロジェクト」の成果をベースに
企画・編集・取材・執筆を行い、益子の人と風土を伝える読み物やコラムを多く掲載しています。
益子や土祭に関心をお寄せいただく方々に、わたしたちの土地の風土理解の一助として、
そして、みなさまが「みなさまの土地で生きること」とも、わかちあえるものを伝える本となれば幸いです。

ここでは、内容の一部をご紹介していきます。

……この土地のこと

1.巻頭 旅への誘い (写真|村田昇 長田朋子)

2.第一章 人を、生を、育む風土に出会う旅、土祭
「人へ、生へ。」
 人はどのように風土に生きた証を残し、人の記憶に光を灯していくのか。
 
 *陶芸、染織・織物といった工芸に道に生きる人の人生と風土の関わりを
  聞き書きから掘り起こします。<執筆|土祭事務局・簑田   写真|矢野津々美>

 1.濱田篤哉の庭
 2.日下田正の水
    3.加守田昌子の山

P16/17
hamadaatsuya_gb
P30/31 (右の写真は、日下田正さんの織物)
kamodamasako

2.第二章 風景の中へ分け入り、その先の風土に出会う旅、土祭
「風景へ。」
 人は風景から何を読み解き、心はどのように進む道を描いていくのか。

 *益子の風景からの読み解きを絵と写真で紹介しながら綴ります。
  <執筆 文と絵|廣瀬俊介ディレクター(1.4.7.) 土祭事務局・今井知弘(5.)簑田理香(2.3.6.8.9.)>
 
 1.やわらかい風景  2.名前をつける、山  3.いとなみの印 4.しぼり水のこと  5.学びの道
 6.石の色、花の色  7.空を行き交う視線 8.空の木と猫の玉 9.ため池に映りゆく風景

P40/41

yawarakai_gb

P44/45

namaewotsukeru 
 
…土祭のこと

 第三章 新月から満月までの旅、土祭
 「土祭という旅へ。」

 *プログラム内容や会場となる場所のことをコラムを交えながらお伝えします。
 <執筆|土祭事務局・加藤優子 増田興二 簑田理香 萩原潤 今井知弘>

 1.開催にあたって 土祭実行委員長 益子町長 大塚朋之
 2.土祭2015の基礎とするプロジェクト「益子の風土・風景を読み解く」
 3.「継ぐ」プログラム内容紹介  4.「識る」プログラム内容紹介  5.「澄ます」プログラム内容紹 
 6.「照らす」プログラム内容紹介 7.「結ぶ」プログラム内容紹介
 コラム
 益子工芸村構想<執筆|陶芸メッセ・益子副館長 横堀聡> 
    記憶のほとり 城内地区のため池「円道寺池」
 つどい、観て、学ぶ場 まちなかの映画館「太平座」

 P74/75
  tsugu_gb

 益子土祭絵図 安田麻由子
 解説 コウホネをめぐる旅ー風土を育むいとなみとしての土祭 廣瀬俊介
 土祭ー名前の由来 武田好史

 特別寄稿 写真と文「私に触れた者」 高橋恭司

 ……………………………
 
 『土祭という旅へ』B5版変形 112ページ ¥800円(税込)

 通信販売サイト「土祭2015ストア」 → こちら
 
 店頭での販売は
 <都内>
 とちまるショップ(東京スカイツリー内)
 スターネット東京(千代田区東神田)
 d47 design travel store (渋谷ヒカリエ8/)
 インターナショナルギャラリー ビームス2F (原宿)*販売開始は9月予定
 ビームスジャパン6F(新宿)*販売開始は9月予定
 <益子町内>
 観光協会・スターネット益子・添谷書店・濱田庄司記念益子参考館

 土祭にご来場をお考えの方も、今回はご縁がない方も
 ぜひ、北関東の小さな町への「旅」を、この本で楽しんでいただければ幸いです。
 ご来場予定の方は、事前にお読みいただくことをお勧めします!
                         (土祭事務局 簑田)

 

あやしい探検隊 会場ルートを歩くの巻

6月初めのとある晴れた日、
会場となるルート上をリュック姿で歩く、あやしい大人のような夏休みの少年のような2人連れが・・・。

土祭2015で会場内のサインや情報伝達媒体のデザイン&制作をお願いする
デザイン事務所TRUNKの所長・笹目さんと所員の小池さんです。
この日は展示やイベント会場となる建物や場所の現地調査を行いました。

*上の写真は、「益子風土学セミナー」の会場となる、田町の旧松原飯店です。

一見・あやしい探検隊のおふたりと一緒に、
みなさんも写真をたよりに会場ルートの一部へ、このウェブ上で散歩にでかけてみてください。

*仲田智さん、髙山英樹さんが「小屋プロジェクト」を展開する「新町 虚空蔵さまの丘」へ。

*栗山斉さんが展示を行う、田町の太平神社からのぼる小山にて。

*こちらは、陶芸メッセ国際交流館アトリエ。佐野陽一さんの指導のもと町内の小学生たちが
ピンホールカメラを制作・撮影・プリントまでを行い、こちらに展示を。

*陶芸メッセ内の旧濱田邸は、益子の陶芸家・原土会を中心とした総勢25名の作家による展示
「益子の原土を継ぐ」の会場に。

*こちらは「土祭食堂」に。

*土舞台から参考館方面へ、小さな川沿いを裏道で進む途中にある、
いまは使われていない石蔵とその前庭。藤原彩人さんの展示会場です。

あやしい探検隊とのウェブ上の散歩、お楽しみいただけたでしょうか。
続きはまた!

(事務局 簑田)

土祭2015春フライヤー

GWの益子春の陶器市を中心に配布しました
土祭2015春フライヤーです。

 

7月に夏フライヤーとしてプログラム内容など詳しいお知らせを載せて
またお配りする予定です。

(事務局 簑田)

12月の土祭広場より

今年最後の1日。みなさまはどうおすごしですか?
益子ではあいにくの曇り空。除夜の鐘が星空に響くことはなさそうですが、
明日にはまた、晴れそうです。

今年9月の前土祭にあわせて、東北芸術工科大学建築環境デザイン学科・田賀陽介研究室のみなさんと
土祭広場に作った粗朶柵、町の人たちの日々になじんできています。
その粗朶柵に動物のふさふさの尾のような植物がかけられていますが、さてこれはなんでしょうか。

 

答えは、広場のわきを流れる百目鬼川をきれいにする会のみなさんが、川掃除のかたわらで

広場に植えて育てている箒草(ほうきぐさ)を干しているところ。

今年の冬も、この箒草を刈り取っての箒作りが、土祭広場で行われました。


粗朶柵と…

いろり場を使って、干して乾燥させていた、ほうき草の種を、はたいて、クシを使って、とっています。

参加の子供たちもいたのですが、すでにこのとき、水路の生き物に夢中になっているようでしたよ。

 

そして、12月17日には夜半から明け方にかけて降った雪がうっすらとかかり、
粗朶柵はとてもきれいな情景で町にとけこんでいました。

新しい年は、3回目の「土祭」の年。
またこの広場で、たくさんの出会いがありますように。
よい新年をお迎えください。 (土祭事務局 簑田)

写真提供|土祭風土形成ディレクター 廣瀬俊介

 

 

 

 

 

ページの上部へ戻る