[13]星の宮地区 風土・風景を読み解くつどい 6/13

2014年10月から、益子町内を13の地区に分けて開催してきた「風土・風景を読み解くつどい」。
多くの方のご協力により、土祭2015開幕の3か月前に当たる6月13日をもって、全地区での開催を終えることができました。
この場を借りて、改めて御礼申し上げます。

その最後を飾った、益子町北西部に位置する星の宮地区の「つどい」は、かつて益子小学校の分校として使われていた星の宮公民館にて開催されました。

風土風景_星の宮_150613-33_web[星の宮地区スライドNo.33]

子どもたちだけでなく、地域にとって大切な行事の場であった分校は、塙地区に益子西小学校ができたことにより1981年に閉校となりました。
その後行われていた自治会の運動会も子どもの減少などにより中止され、それに代わるものとして2010年に自治会長の加藤義勝さんを中心に始められたのが「星の宮フェスティバル」。

風土風景_星の宮_150613-44_web[星の宮地区スライドNo.44]

作品展示やステージ発表など、2日間にわたって多彩な催しが繰り広げられる「星の宮フェスティバル」には、星の宮地区にある益子芳星高校の生徒も協力しています。

風土風景_星の宮_150613-39_web[星の宮地区スライドNo.39]

1977年に高校ができる前のことについて、小出貫凡さんにお話を伺うと、「高校のあたりに村の山があり、松を育てて杭にして、小貝川の堰を修理した」とのこと。
これを受けて、廣瀬ディレクターが福島県内で携わる自然素材を水理にかなった方法で扱う取り組みを紹介。

風土風景_星の宮_150613-59_web[星の宮地区スライドNo.59]

さらに、高校の敷地には、星の宮浅間塚古墳や星の宮ケカチ遺跡が含まれ、古くからこの地に人々が暮らしていたことを物語ります。
ケカチ遺跡の発掘調査に参加した稲見正明さんは、朝鮮半島から来たともいわれる銀のスプーンを「俺がスコップでガチャンとやっちゃった」というエピソードを、聞き取りに伺った際に話してくださいました。

風土風景_星の宮_150613-74_web[星の宮地区スライドNo.74]

星の宮神社を改修したときの建設委員長も務めた稲見さんには、星の宮という名前の由来についても教えていただきました。

風土風景_星の宮_150613-77_web[星の宮地区スライドNo.77]

これを受けて、スライドでは北斗七星にまつわる妙見信仰を紹介。

風土風景_星の宮_150613-81_web[星の宮地区スライドNo.81]

また、塙地区で聞き取りに伺った大塚久一郎さんからも、星の宮神社についての情報が。

風土風景_星の宮_150613-92_web[星の宮地区スライドNo.92]

現代においてはイメージしづらい、この地と香取神宮との繋がり。
その疑問を解く手がかりは、河川の流路や水域の歴史的変遷にありました。

風土風景_星の宮_150613-93_web[星の宮地区スライドNo.93]

かつて香取海の南岸に位置していた香取神宮と小貝川を介して結ばれていたことは、想像に難くありません。
さらに時代を遡れば、この地における古墳や遺跡の存在にも小貝川の役割の大きさが窺われます。

風土風景_星の宮_150613-97_web[星の宮地区スライドNo.97]

そして、小貝川を介した関係は、より身近なところにも。

上流側の七井地区から今回の「つどい」に参加された方が、
「昔、このあたりに疫病が流行ったとき、神輿を川に流したのだが、どういうわけか上流へと流れて行き、七井の人々が肥柄杓ですくいよせて使うようになった。」
という七井に伝わる話を紹介したところ、星の宮地区の加藤さんが、
「昔、洪水や飢饉や疫病が相次ぎ、それを神輿のたたりとして川へ流したところ、それが川の上流へ流れて行ってしまい、七井のお百姓さんたちが肥柄杓で神輿をすくいあげた、と聞いたことがある。」
と応じました。

さらに、同じ話を聞いたことがあるという塙地区在住の参加者からは、
「川の水が逆流するはずはないので、村が疲弊して七井村へ神輿を売ったのを、七井で拾ったと便宜的に言い伝えているということなのではないか。」
との発言も。

隣接する地区の方どうしの情報交換により、「つどい」が一層実り多き時間となりました。

IMG_4557_web

今回の「つどい」には、このほかにも「風土・風景を読み解くプロジェクト」に関心を持っていただいた町内外の方、そして土祭2015の参加作家など、13地区の最後ということもあって地区外からも多くの方が集まりました。

この土地の環境と人々の暮らしを手がかりに、隣り合う土地との関わりや離れた土地との繋がりを確かめながら、「この土地で生きる」ことを見つめなおす機会としての役割を、「つどい」は果たしてきました。
そんな「つどい」の場でのやり取りを含む地区ごとの「風土・風景を読み解くプロジェクト」の記録は、「土祭基礎資料」としてウェブサイトで公開しています。
http://hijisai.jp/fudo-fukei/

土祭の企画や表現の「基礎」とするだけでなく、今後の町づくり・地域づくりへと繋いでいく取り組みとして進めてきたこのプロジェクト。
13地区の個性が凝縮されている(とはいえかなりのボリュームですが)「土祭基礎資料」を、お時間の許すときに是非ご覧ください!

(土祭事務局 今井)

[12]塙地区 風土・風景を読み解くつどい 5/24

土祭2015の会期も無事終えることができました。
来場していただいた方、参加や協力をしていただいた方、ありがとうございます。

さて、実施から時間が経ってしまいましたが、土祭を行うための基礎とした「風土・風景を読み解くプロジェクト」の12地区目となる塙地区、塙公民館にて5月24日に行われた塙地区の「風土・風景を読み解くつどい」の報告をいたします。

塙地区は益子町の中西部、益子町を南北に流れる小貝川の右岸の小高い台地の上にあり、西側は真岡市との境になります。
土祭2015の会期中、塙地区は「土祭風景遠足」の訪問地として、また「月待ち演奏会」の山車の運行や「夕焼けバー」への参加という形でご協力いただきました。

12_塙_つどい

「つどい」当日は、塙地区の多くの方々にお集まりいただき、参加者から多くのお話や質問をいただくことができました。
「つどい」はスライドと共に益子町全体から次第に塙地区の話題に移行します。

風土風景_塙_150524-22
[塙地区スライドNo.22]

益子町中心市街地より、小貝川を挟んで西を見る航空写真。
旧石器時代から中世、近世にかけて主要な遺跡分布を重ねてみると、塙地区にも多くの遺跡があったことが窺えます。
この場所は古代より人にとって住みやすい土地であったのでしょうか。

風土風景_塙_150524-26
[塙地区スライドNo.26]

その遺跡の一つ、塙遺跡の近くでは、「塙・星の宮めぐみの会」主催の益子の文化に触れて知ることができるラーニングバケーション「里のめぐみ」物語として、町内外の方々に農業体験と食事の提供を行ってきました。

風土風景_塙_150524-43
[塙地区スライドNo.43]

益子町内でところどころに植林されている桐の木についての話題へと進みます。
聞き取りを行った、桐箱の製作をしている星野壽男さんよりお話を伺いました。

風土風景_塙_150524-82
[塙地区スライドNo.82]

話題は地域の風習と行事のことに向かいます。多くの資料を塙地区在住の大塚久一郎氏に拝見させていただきました。

風土風景_塙_150524-53
[塙地区スライドNo.53]

百万遍は、念仏を唱えながら大きな数珠を14、15人でまわしていたとのことです。
百万遍で用いた鉦には「下町念仏講」の銘がある、とのお話が参加者から出ました。

風土風景_塙_150524-54
[塙地区スライドNo.54]

益子町中部の新町地区でも(鉦を鳴らして行う)葬式を「ジャンポン」「ジャンボ」と言う、と参加者からお話がありました。
新町地区のあたりでも同じ風習がありました。

風土風景_塙_150524-58
[塙地区スライドNo.58]

この地区には越後の一向宗の方、寛政10年より入百姓として、塙へ入植したという話です。
上記資料はその塙に来た入百姓が真岡代官からいただいた感謝状。
「年貢の他に米一俵を代官へおさめたことへの感謝」がその概要です。
原本は所有していた家が火災に遭い焼失してしまい、今は大塚久一郎さんが持つ写しが残るのみとのこと。

風土風景_塙_150524-64
[塙地区スライドNo.28]

話題は塙の水辺のことに向かいます。
参加者から、この地区にはタナゴはたくさんいた、というお話をいただきました。
カラスガイのような淡水二枚貝は、笹良池にいっぱいいたとのこと、さらに焼いて食べたことがあるとのことでした。

他にも全長20cmほどのヤツメウナギが、西谷の用水だけでなく小貝川にもいたそうです。
その小貝川について、400年程前の古地図に「山の崎川」と記されたものがある、というお話もいただきました。

風土風景_塙_150524-93
[塙地区スライドNo.93]

塙地区には、多くの魅力的な小径があります。
樹林の中の小径について、「ウォーキングブームなどにも合わせて、史跡の位置を合わせて掲載したウォーキングマップをつくり、地区で管理し折々に開放してもよいのではないか」との提案も。

風土風景_塙_150524-109
[塙地区スライドNo.116]

スライドの終盤は、塙台地の水田や畑を介した水が作り出した地形についての話題となり、最後に大塚久一郎さんが聞き取りの際に語っていただいた言葉で締めくくりました。
「風土って、範囲がとても広いですね。昔の生活がずっとつながっていて…。」

この土地の風土を知ることから始めてきた第3回目の土祭。
大塚さんの言葉、「風土って…ずっとつながっていて…。」との言葉に表されるように、繋がれてきた風土を知ることで人一人が携われる時間を超えた長い時間の中で精査されてきた貴重な記録はこの土地で暮らす多くの方々が共有できるものになり、風土を知ることはこの先の道筋を示す手がかりになるのだと思いました。

これまでの「風土・風景を読み解くつどい」の記録も含む土祭基礎資料はウェブサイトにて順次公開中です。
是非ご覧ください。
http://hijisai.jp/fudo-fukei/

(土祭事務局 萩原)

 

[11]下大羽地区 風土・風景を読み解くつどい 5/9

5月9日に下大羽コミュニティセンターにて開催した、益子町東部に位置する下大羽地区の「風土・風景を読み解くつどい」。
他の地区に比べて小規模でありながら、独自の行事を数多く実施し、町長にも「団結力が強い」と評されるこの地区の「つどい」には、事務局の予想を大きく上回る60名以上の参加者が集まりました。

その団結力を支える一端を担っているのが、地区内の組ごとに継承されている様々な集まり。
西の根組で今も続けられているのは、女性たちが集まって念仏を唱えるイチマンドウ。

[下大羽地区スライドNo.40]

イチマンドウの念仏は、聞き取りに伺った際に実演してくださった藤田節子さんにより、「つどい」の場でも披露され、参加者が皆で聞き入る一幕もありました。
「イチマンドウだけはここで、おばちゃんたちに来てもらった方がお互いに、一年に一回おばちゃんたちがしわしわの顔でもイチマンドウのお念仏やると生き生きするんですわ、一緒にお話しする機会もないし、いいんじゃないかな、と思って。」
そう藤田さんが語ってくれた念仏堂は、昨年秋に西の根だけで寄付を募って台風による傷みを補修したそうです。


[下大羽地区スライドNo.39]

その念仏堂があるのは、高台にある西の根の通りから大羽川沿いの低地に下る途中。
「昔の人は浄土みたいに感じたのかな」という言葉も、現地で聞くと自然に肯けるものでした。

昔から受け継がれてきたもののほかにも、地区を歩くとあちらこちらに「気持ちのよい」場所が。


[下大羽地区スライドNo.85]

5年くらい前に髙山英樹さんが登って「宇都宮まできれいに見えた」という富士山(ふじやま)。
廣瀬先生の一行が登ってみたところ、残念ながら山頂からの眺望はシノに阻まれていましたが、下山中には気持ちよく歩ける水辺の草原に遭遇。
このような場所の環境整備を行うことで、地域の方々、そして来訪者も楽しめる可能性が秘められているように感じられます。


[下大羽地区スライドNo.95]

今も昔も、この地区は多くの旅人たちを迎えてきました。
それを物語るのは、この地区から峠を越えて茂木町に入り、茨城県の笠間へと向かう「笠間街道」沿いに、かつて峠越えの行者が喉を潤した水飲み場がある、という言い伝え。
そのお話を小島喬さんに伺い、場所を探したもののなかなか見つからず、やっとの思いで茂みの奥にアサザが生育する湧水を発見。


[下大羽地区スライドNo.20]

言い伝えの場所の特定には至りませんでしたが、歩いて峠を越えた昔の旅人ほどではないにせよ、湧水のありがたみを感じることができました。

交通手段こそ自動車に代わっても、今も宇都宮と水戸の両県庁所在地を最短距離で結ぶルートの一部として利用されている「笠間街道」。
笠間から先には、太平洋へと向かう道が続きます。


[下大羽地区スライドNo.98]

かつて行われていた子どもたちの「海辺への一泊旅行」の意義を、廣瀬先生は南方熊楠による「比較の学」を引き合いに出して語りました。


[下大羽地区スライドNo.99]

「ある土地だけを見ていても、その土地のことはわかりにくいもの」。
土祭が益子の方々にとって、町内の他地域や町外のことを識る機会となり、それによって自分の暮らす土地をよりよく理解することに繋がれば。
そして、町外から土祭にお越しの方々にとっても、益子という土地を見ていただくことで、それぞれの暮らす土地をよりよく理解することに繋がれば。
そんな思いで準備を進めている企画の数々に、どうぞご期待ください!

(土祭事務局 今井)

[10]七井地区 風土・風景を読み解くつどい 4/28

4月28日にあぐり館にて開催した、益子町北西部に位置する七井地区の「風土・風景を読み解くつどい」。
七井地区は緩やかな起伏のある地形で、隣町の市貝町との町境に面しており、
町を南北に縦断する小貝川がこの地区のほぼ中央を流れています。真岡鉄道七井駅の東には七井城跡があり、
城下町でもあった中心街では、
鉄道の終点が七井駅だった頃、繁華街として映画館や宿がありました。
その頃の名残で中心街には今でも屋号が多く残っています。
七井には、水の染み入る場所が多くあり、その幾つかには名前が付けられ、
七つの井戸の由来と言われるこの地区の「つどい」のご報告です。

[七井地区スライドNo.50]

「七井」の地名は「七つの井戸」があったことに由来することが知られています。
地元の方々で組織した七井仲町文化部が、この七つの井戸に何度も出向き、
下記スライド内の資料を作成されました。

[七井地区スライドNo.51]

井の名称と位置については諸説があり、今後詳しい検討を必要であると七井にお住いの大岡忠男さんは言います。

[七井地区スライドNo.20]

大岡忠男さんの聞き取りでは、七井の夏祭り”ギョンサマ”と農業との関わりについて教えてくださいました。
つどい当日もお越しいただき、ギョンサマと”一番まわり”の経過など
語り継いでいかなければならないと思っているとおっしゃっていました。

[七井地区スライドNo.21]

[七井地区スライドNo.26]七井の祇園祭

[七井地区スライドNo.30]七井宿図(『益子の歴史』332頁)

この図にあるお店は、およそ子供の頃まで残っていたと橋本晧朗さん。
子供の頃は、友達を苗字で呼ばず、ゲタヤ・コウジヤといった「屋号」で呼んでいたそうです。

この風土・風景を読み解くプロジェクトを通して、町民の方々から「気持ちが良い」「心地良い」場所を
たくさん教えていただきました。
会期中の「土祭風景遠足」では土祭会場とならない場所にも来場者に楽しんでいただきたいと企画しております。
下記の写真は七井地区の1コマ。このような場所がたくさん益子にはあります。
もちろん、土祭会期中もお越しいただければと思いますが、普段からこのゆったりとした風景を持つ「益子」も
是非来町いただき、お楽しみいただければと思います。

 

(土祭事務局 増田)

「土祭風景遠足」コース検討ロケハン(2)

5月11日の当ブログでお伝えした(→こちら)「土祭風景遠足」ロケハン2回目のご報告です。

前回、下見に回ったのは、益子町内の南に位置する山本・田野地区。
そして今回は、西に位置する塙・星の宮地区。
益子町の中での新しい住宅地が多いエリアですが、通りから少し奥に入ると・・・・・・

水田の奥、まんなかあたりに、林の中を抜ける道が、みえますか?

 

雑木や竹の林。ほどよくまだらにさす木洩れ陽。

「竹の枯葉が落ちて敷きつめられた道は、明るい表情を作りますね」と廣瀬ディレクター。

 

しばらくして細い舗装路に出て、歩きながら見上げると、そこここに、食べものが・・・!笑

 

グミ、山椒、 そして6月の柿。

9月になると、益子の道は、どんな景色を見せてくれるでしょう。
「土祭風景遠足」については、企画概要の「プログラム02イベント土祭風景遠足」
(→こちら土祭2015)をご覧ください。
日程は変更になる場合もあり、詳しい実施概要は7月にウェブでご案内します。

 

(土祭事務局 簑田)

 

ページの上部へ戻る