プログラム

展示|「聖なる侵入より/森閑」|川崎義博

展示|「聖なる侵入より/森閑」|川崎義博

日時|9月13日[日]~28日[月]毎日10:00~17:00
会場|太平神社(田町)

太平神社の社殿裏にある、涸れることがない小さな池を中心に、そこに差し込む光と、神社を守る森を素材として、忘れ去られていた神社の持つ聖性、すなわちこの益子の土地の聖性に触れて行きます。

かわさきよしひろ
アーティスト/サウンドデザイナー。日本のフィールドレコーダーの草分け的存在。世界各地で「音」を収録し作品を制作。世界初のリアルタイムで世界の音が聞こえるサイト「Sound Explorer」を制作、その後「SoundBum」「Aqua-scape」などのサイト制作を経て、現在はJVC KENWOOD「Forest notes」の森の音に携わる。日本科学未来館のプラネタリウム番組を手がけ、《星野道夫/アラスカの星の下で》《偶然の惑星》《夜はやさしい》などの音を制作。CD作品13作。ラジオ番組の制作も多数。近年ではインスタレーション作品も多数制作している。
http://www.soundbum.org/
http://www.miraikan.jst.go.jp/sp/night/
http://www.j-wave.co.jp/original/thevoyage/

<太平神社>
町の中心部に鎮座する鹿島神社から、南側の坂道を上った場所にあります。その境内周辺には約5千株のアジサイが植栽され、毎年6月に咲き誇ります。

ページの上部へ戻る