プログラム

展示|「雲のゆくえ」|浅田恵美子

展示|「雲のゆくえ」|浅田恵美子

日時|9月13日[日]~28日[月]毎日10:00~17:00
会場|益子稲荷神社(城内)

記憶の中で子どもたちが遊び、大人たちが安らぐ場所だった地域の神社やお寺の境内は、存在していることが安心につながり、見守られているように感じます。樹齢何十年かの桜の大木のエネルギーを受け、作品を制作します。

あさだえみこ
1953年京都に生まれる。1978年栃木県益子に築窯。存在/距離(スパイラルガーデン 東京)、アートフェステバルMITO 10月展(水戸芸術館)、京都野外陶芸展‘94、中国清華大学2000年国際陶芸交流展(中国美術館 北京)、韓国光州無月里にて制作・薪窯築窯・交流展(ソウル)、千年の扉(栃木県立美術館)、2004 International Wood Fire Conference(Coe College Campus U.S.A.Iowa)、パリ日本陶芸展(エスパスベルタンポワレギャラリー フランス)、I.E.A.C.ヨーロッパ陶芸学会(ゲップウェル フランス)、JAPAN-PARIS-DEVENTER(LOES&REINIER オランダ)、栃木に潜むチカラ(益子陶芸美術館)、EAST&WEST 2010-PRINCETON(アメリカ)、Nami Island International Pottery Festival 2014(韓国 南怡島)、2015 Kizuna:Rebirth of Mashiko Ceramics(Portland U.S.A.)等に出品。

<益子稲荷神社>
細い通りを進んでぽっかりと抜けた空き地の奥にある神社は、何回も移されてこの場に辿り着き、近年まで大土鍋を振る舞う祭りが催されていました。

ページの上部へ戻る