プログラム

展示|「植物の可能性」|小春丸

展示|「植物の可能性」|小春丸

日時|9月13日[日]~28日[月]毎日10:00~17:00
会場|つかもと益子焼工房(道祖土)

歴史ある窯元の作業場に、土に生きる植物を切り離し、生ける行為を行います。土に基づき生きている草・花・木の融合とともに、無機質の異素材と植物が出会うことで生け花の可能性を広げます。9月19日[土]の10:30から、内町屋台パークにて「生け花LIVE」も開催します。

こはるまる
華道家。茨城県土浦市在住。本格的に花の勉強を始めたのが20年程前。流派にとらわれない自由な発想と作風で、陶芸家、木工作家、舞踊家たちとのコラボ展示や個展、生け花LIVE、2009年11月茨城県国民文化祭、2010年10月福島県ビエンナーレ参加など幅広く活動。2013年4月に益子町陶芸メッセ内・旧濱田庄司邸にて個展「花」を開催。日常から花に触れエネルギーを感じること、それを生ける喜びを伝えている。益子、土浦、東京で教室あり。

<つかもと益子焼工房>
大きな登り窯がつかもとの歴史を語るかのように、静かに威厳を持って迎えてくれます。湿った土や釉薬のにおいが、なぜか郷愁を感じさせる場所です。

ページの上部へ戻る