プログラム

益子陶芸美術館企画|展示「『ディッチリング工芸村から益子工芸村構想』From Ditchling to Mashiko:The Vision of Artist Colonies」

益子陶芸美術館企画|展示「『ディッチリング工芸村から益子工芸村構想』From Ditchling to Mashiko:The Vision of Artist Colonies」

日時|9月13日[日]~28日[月]毎日9:30~17:00
会場|陶芸メッセ・益子内 益子陶芸美術館第3展示室(城内)

濱田庄司は益子に根付いている民藝を工芸的なものへ昇華させたいと考えました。実現には至りませんでしたが、その夢は戦後になっても濱田の胸中に工芸村構想となって息づいていたのです。
本展は濱田の工芸村構想の源泉の一つとなった英国のディッチリング工芸村と、濱田の胸中に秘められていた益子工芸村構想をあらためて考えてみます。

<益子陶芸美術館>
1993年6月の開館以来、濱田や島岡といった益子を代表する陶芸家や、濱田に縁のある陶芸家の作品を収集し、展示・紹介しています。

ページの上部へ戻る