土祭2015アルバム|益子手仕事村

[この土地で生きることの祭り「継ぐ」城内エリア]

「益子手仕事村」陶芸メッセ・益子内 芝生広場(城内)

「益子手仕事村」は、陶芸メッセ・益子エリア内にあるゆったりとくつろげる芝生広場で、益子や近隣地域の竹林から間伐を兼ねて切り出し製作した竹テントに、たくさんの手仕事が並びました。出店した方々は地域の作家や農業者、益子で育ち町外で独立した方等、益子に深い縁のある方々になりました。土祭期間中、日替わりで62組の出展者と19種類ののワークショップを行いったその様子をお伝えいたします。

《手仕事村の様子》
_ANO9998
_ANO0057
_ANO9981_DSC8352_ANO0015_ANO0121_DSC8363_ANO0119_ANO9889

《農産物やパンなどの加工品》
_DSC8452
_DSC8467
_ANO9952_ANO9999

《「ファクトリー順」津守優子さんによる手描きTシャツワークショップ》
_ANO9962
_DSC8336_ANO0074

《「手布土」による糸紡ぎとフレーム織りのワークショップ》
_ANO0034

《「吉川園芸」さんによるコケ玉作りのワークショップ》_DSC8346_ANO9925

《「ひょうたんの灯りルーム」による瓢箪を使ったランプのワークショップ》
_DSC8441
_ANO0002

《益子町大沢在住の浦壁進さんによる草履と健康草履の編み方教室》_ANO9884

《益子町大沢地区に拠点を置く「トチギ環境未来基地」による木工クラフトワークショップ》_DSC8318

《染色家の滝澤ゆう子さんと益子自然育児の会おむすびの里による藍染ワークショプ》_ANO0017_ANO0081_DSC8413

《益子町の田野地区の仁平さん、大沢地区の浦壁さん、七井地区の保園さんと、隣町の茂木町から矢野さん達による蛍籠作り教室》_DSC8368_DSC8375

農作物を育てる方、植物を育てる方、料理を作る方、染色家、木工家、陶芸家、竹細工の職人、布と染色の作家、鉄の作家等の多くの作り手と、益子の町で長年培われてきた木綿、藁草履、蛍籠の技術などを持つ作り手が集まり出会いのとなりました。まだまだ、益子に関わる方々の手仕事の知恵と技術は隠れていると思います。手仕事が暮らしに結びつく土地として、多くの方が結びつくような場のきっかとなれればと思います。

 

益子手仕事村、会期中のブログはこちらから

(事務局 萩原|写真 長田朋子 矢野津々美)

手仕事村への来場と参加ありがとうございました。

土祭、無事閉幕しましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
最終日は、お天気に恵まれて、気持ちのいい締めくくりができました。
手仕事村に足を運んでくださったみなさま、村民のみなさま、本当にありがとうございました。
さて、土祭最終日の手仕事村のレポートをお送りします。
image-1ラジオ体操ファイナル! ちっちゃな輪でしたが、最後ということで、第2もやりました。
image-2最終日に、空きテント出店者のSiNaさん。
ボランティアで村役場テントの受付嬢をしてくださっていましたが、最後に時間が取れて、出店の運びとなりました。

image-3そして、村民たちは手作りの“巨大ホットケーキ”づくりに挑戦しました!
写真は、固まりのままバターをぬっているところです。

image-4ひっくり返したホットケーキで、‘土’の文字を作りました!手仕事村の最終作品です。
この巨大ホットケーキは、土祭の直会の際にサプライズとして奉納されました。

image-5村の猫 ソンくんも、今ごろひっそりとした芝生広場で寝そべっているのでしょうか。
皆様、手仕事村に参加、来場していただきありがとうございました。

 
 
(事務局  萩原)
 
 

手仕事村、最終日。

いよいよ土祭も、おかげさまで最終日を迎えることができました。
メッセの芝生広場にある手仕事村では、手仕事の物販やワークショップなどがあり、
ここでしか買えない土祭の販売物もあります。例えば、土祭の公式Tシャツやポストカード、出店作家の作品集など
は今日までしか土祭では手に入れることができません。
 
 
会期中、たくさんの出店があり、また、たくさんの方が足を運んでくださいました。
ありがとうございます。
本日も、物販やワークショップなど出店数は少ないですが、オープンしています。

芝生の広場にのんびりしにきて下さい。

まだ足を運んでない方は、ぜひ手仕事村へお立ち寄りください。
 
hiji
出店者がこんなに集まるのも昨日で最後、ということで、9/27の出店者みんなで記念撮影をしました。
 
それでは、本日土祭最終日になりますが、
皆様を心よりお待ちしております。
 
(村役場・萩原)

手仕事村の空きブースで出店しませんか?

いよいよ土祭も、残り3日となりましたね。
手仕事村は、手仕事の物販や、ワークショップなどがあり、ここでしか買えない土祭の販売物もあります。
 気持ちのいい空間の芝生広場に建てられた竹テントですが、空きテントがいくつかあります。
 そんな空いているブースにて出店される方を、手仕事村では募集しています。

今のところ、2名の方が出店してくださいましたので、ご紹介したいと思います。

 
e-01
お一人目の方は、村が閉まったころ ふらりと訪ねて、いろいろ話している内に「じゃあ明日出店してみようかな」と、トントン拍子に出店を決めた佐藤元紀さん。

 益子出身・東京在住の写真家で、ご両親のやきものと一緒にプリントした写真を展示されてました。
 
e-02
お二人目は、出店者の小野正穂さんの紹介で、シルバーウイーク期間中に出店された真崎功さん。
益子在住で、今回の土祭企画のひとつとして、pejiteで展示されている成井恒雄さんのお弟子さんだったそう。
 
出店の手引き
この村には、「空きブース」があります。
益子でものづくりをされている方と、益子と将来つながりたいと思う方の場所です。
以下の項目に当てはまる方の出店を募集しています。
1 土祭の主旨を理解して頂ける方。
2 手仕事であること。農産物の場合は、農業を生業としていること。
3 益子町の方、町外の方は益子と将来つながりたいと思っている方。
※ 飲食は不可。保健所に提出書類を出す必要があるためできません。
 
e-03
詳細は、村役場テントにて。

まずは、9:00ころ手仕事村へお越しください。 

村民一同 お待ちしています!

 
(事務局  萩原)
 

「手仕事村」9月25日休村のお知らせと、土祭のお土産に、土パンと土祭アイスの御紹介

手仕事村では、手仕事の物販や、ワークショップなどがあり、ここでしか買えない土祭の販売物もあります。
9月25日(金)は残念ながら雨のため休村になりますが、明日は天候が良くなり、皆様に会えるよう願っています。
 
 今日は、ここでしか買えない土祭の販売物の一つ土パンと土祭アイスを御紹介します。
「土祭、3年前から 出るって決めてました」というセリフを耳にした時から、
土祭に対する並々ならぬ心意気を感じていました。
 
そのセリフの主は、会期中、パートナーのかおりさんと交代交代で毎日手仕事村に出店されてるBoulange770の田村大作さん。
 
前回の土祭では、「土パン(ヒジパン)」を出品。
写真のようなチョコレート蒸しパンです。
 
 
a-001
 
 
昨年の秋に、アイスクリーム工房Glacee770を立ち上げられた大作さんですが、今回の土祭のために、「土祭アイス」を開発。
益子のイチトニブンノイチさんのコーヒー豆を使ったアイスをベースに、益子の伝統釉薬の柿釉と糠白釉と灰釉をイメージしたソースをトッピング。
「名前になんでも 土祭ってつければいいってわけじゃないよね」と笑いますが、まさに土祭らしい一品です。
 
 
a-002
 
人気で仕込みが間に合わず、9/26(土)に復活するそうです!
 
 
 
a-005
 
手仕事村全体を 優しい眼差しで見守る大作さん(写真右端)。
 
 
パートナーのかおりさんは、大作さんと入れ替わりでブースに出店。
手づくりの消しゴムスタンプで「ふきんや手ぬぐいを作ろうワークショップ」を開催しています。
 
今回の土祭のために、新たに 大作さんのパンを彫ったそう。
村役場には、かおりさん作の土祭スタンプもありますよ。
 
 
a-006
 
爽やかな手ぬぐいが、次々と生まれていく横で、パリッとアイロンがけするかおりさん(写真右端)。
 
 
土祭のお土産どうしようかなと悩んでいる方がいらっしゃいましたら、メッセの芝生広場内『手仕事村』へどうぞ足をお運びくださいね。
 
 
(事務局  萩原)

ページの上部へ戻る