ウィンドウアート|新町にある久保邸長屋門に飯山太陽さんが描く

土祭 2021 レポーターの仁平です。
私は益子町に累積で20年以上は住んでいるので、相応の土地勘などがあるつもりだったんですけどね。。。

「久保邸長屋門にウィンドアートが描かれます、レポートしてみてくださーい!」

・・・いやどこにあるんですかそれ、と心の中で即答。
私のレポート第一弾は、まっっったく把握できない未知の場所からのスタートとなりました(笑)

益子新町のメイン通り沿い。古くからある長屋門

というわけで、ウィンドアートが描かれる久保邸長屋門と呼ばれている、いわゆる久保さんちの長屋門にいってきました。

ウィンドアートが制作される久保邸長屋門

場所は益子駅方面から城内坂へ行くときに通るメインの通り。鹿島神社の斜向いあたりにある個人宅の一角です。

益子新町にある久保邸長屋

たしかに久保さんちです。そう呼ばれるはずですね~!

軽快にウィンドアートを描く飯山太陽さん。お聞きすると…

私が行ったのは描き始めの日。この場所では2日間をかけて作品が描かれます。そしてこちらがウィンドアートを担当される創作家の飯山太陽さん。

初めてウィンドアートを手掛けるという飯山太陽さん

制作開始から窓7枚に躊躇もなく大胆に描いていきます。迷いとかも全く感じません。

描き始めから大胆に描く飯山太陽さん

ウィンドウアートには慣れていらっしゃる?かと思いきや、、、なんと今回が初だそうです。

ウィンドアートで使用する水溶性のクレヨン

絵に関しては普段、色鉛筆を使って描くことが多いそうで、水溶性のクレヨンを使う今回の作品づくりは「描き始めは戸惑いましたけどすぐに慣れましたし、楽しいですね!」ともくもくと描いていました。

大きなキャンパスにクレヨンを走らせる様は、見ていて気持ち良いですね!

展示は期間限定、7月末までの予定

こちらの作品展示は7月末までの予定となっております。

ウィンドアートの制作の様子

手がけられた飯山太陽さんにこの作品展示についてお聞きすると、
「多くの方に見て欲しいですね。そして出来れば感想にも触れたいので、SNSなどにどんどんUPして頂けたら嬉しいです!」とのことです。

完成に向けて制作が進むウィンドアート これはまだ制作段階のものです。仕上がりをお楽しみに!

ここは益子の中でも比較的通りが多い道沿いですし、日常の中でも目にとめやすい場所かと思います。

久保邸長屋に描かれるウィンドアート

機会のある方はぜひ、このアート作品を生でご覧になってはいかがでしょうか。
ぱっと見るだけでも楽しめますし、じっくり見ると立体感があっておもしろいですよー!

(土祭2021 レポーター :仁平 肇)

関連情報

ページの上部へ戻る