お知らせ

2017年8月30日

前・土祭2017開催のお知らせ

2018年に予定している第4回土祭の前年にあたる今年、
益子・田野・七井の3地区でそれぞれ一日だけのお祭りを開催します。

益子地区 9月30日(土) 10:00~20:00 │ 土祭広場・土舞台
○土祭市場 10:00~14:00
益子で採れた野菜や果物、加工品やパン、焼き菓子などを販売します。

○ワークショップ 10:00~16:00
・土祭旗づくり:来年の土祭で使用する旗を泥染めで作れます(無料・園児対象)。
・ミニ土人形づくり:町内各地に展示する土人形を作れます(無料・小学生対象)。
・光る泥団子づくり:益子地区の土を使った泥団子が作れます(有料・予約可)。

○演奏会 第1部 10:00~12:00 第2部 15:00~19:30
第1部では園児たちの演奏、第2部では益子地区のお囃子団体や太々神楽の演奏を行います。ラストステージには「天人疾風の会」が演奏を行います。

○夕焼けバー 15:00~20:00(19:30ラストオーダー)
益子で採れたものを用いてつくられたメニューを益子焼の器で提供します。演奏会を楽しみながら飲み語らいましょう。

田野地区 10月1日(日) 12:00~20:00 │ 長堤八幡宮、道の駅ましこ
長堤八幡宮12:00~15:30
○太々神楽
田野地区の前・土祭の幕開けに、明治時代から伝わる舞を観覧ください。
〈シャトルバスのご案内〉
長堤八幡宮には駐車場がございませんので道の駅ましこからのシャトルバスをご利用ください。

道の駅ましこ 10:00~20:00
○ワークショップ 10:00~16:00
・苔玉づくり:自宅でも飾れる苔玉を作れます(有料)
・エコバッグづくり:刷りだし用紙を使った紙袋が作れます(無料)。
・光る泥団子づくり:田野地区の土を使った泥団子が作れます(有料・予約可)。
・お囃子体験:演奏会にも出演しているお囃子の楽器演奏を体験できます(無料)。

○演奏会 第1部 14:00~17:00 第2部18:00~19:00
田野地区のお囃子や雅楽の演奏の他に、中学生の演奏や合唱団による合唱を2部構成で行います。

○夕焼けバー 14:00~20:00 (19:30ラストオーダー)
益子地区とは違うお店も出店します。演奏会を聴きながら道の駅ましこの芝生の上で是非お楽しみください。

七井地区 10月14日(土) 14:00~20:00 │ 真岡鐵道 七井駅前
○ワークショップ 13:00~
・竹のとうろうづくり:会場に展示するとうろうを作ります(無料)。
・光る泥団子づくり:七井地区の土を使った泥団子が作れます(有料・予約可)

○演奏会 14:00~19:00
七井地区の伝統芸能の他に園児のお遊戯や中学生たちの演奏を行います。

○展示企画 14:00~20:00
地名の由来となった「七つの井」の資料などを展示します。

○夕焼けバー 14:00~20:00 (19:30ラストオーダー)
今年の前・土祭を締めくくる夕焼けバーです。心行くまでお楽しみください。

2016年5月2日

土祭アーカイブ写真集発行のお知らせ

この度、2009年から2015年までの土祭のアーカイブ写真集を発行いたしました。
村田昇氏、長田朋子氏、矢野津々美氏による美しい写真がふんだんに掲載され、
巻末にはこれまで3回の土祭の内容などを記録したデータも掲載しております。

お買い求めは、最寄りの書店にお問い合わせいただくか、
Amazon楽天ブックスなどのインターネット書店をご利用ください。
また、益子町役場観光商工課でも販売しております(平日8:30~17:15)。

………

[土祭2009‐2015]

発行|益子町
発売|里文出版
定価|本体1,800円+税

土祭本

 

(益子町役場観光商工課)

2016年1月29日

「土祭2015」を振り返り次につなぐ「総括報告書」を公開します

土祭にご来場いただいた皆様、このウェブサイトなどを通して関心をお寄せいただいた皆様、
そして、さまざまな形でご参加いただいた皆様、お待たせいたしました。

土祭2015を振り返り、今後の地域づくりに活かし次につないでいくための
「報告書」を2種、「アンケート集計結果」を2種、計4つのデータを公開いたします。

………

[報告書]

(1)「土祭2015総括報告書」土祭事務局作成 →こちら(PDF・約1.5MB)
   アンケートの集計結果や関係者ヒアリングなどをベースに事務局で考察を加え、
   企画運営委員会・実行委員会での検討を経て成果と今後の課題をまとめています。
(2)土祭2015「益子の風土・風景を読み解くプロジェクト」報告書 →こちら(PDF・約215MB)
   アートイベント的な要素も含み、地域づくりにつなげるための祭りを企画していくための
   基礎とする「事前・風土調査」のプロジェクトは町としても初めての試みであり、
   益子らしい独自の手法としても、さまざまな関心を寄せていただきました。
   報告書は、調査の方針や手法などについて、また第3章(16頁~)では
   町内13地区ごとに当プロジェクトの到達点と今後の研究課題がまとめられております。
   地区ごとの「土祭2015基礎資料」(→こちら)と併せてご覧ください。
   第4章(33頁~)には、廣瀬ディレクターからの発案・委託による「土祭の第三者評価」として、
   竹内万里子氏(写真論、京都造形芸術大学准教授)と
   片桐隆嗣氏(社会学、前・東北芸術工科大学教授)からいただいた土祭への論考を
   収録してあります。

[アンケート集計結果]

(3)「土祭2015来場者アンケート」集計結果 →こちら(PDF・約1.0MB)
   会期中に、スタンプラリー用紙とともにご回答いただいたアンケート。
   土祭各企画への満足度から土祭や益子町へのご提言まで、貴重な声をたくさんいただきました。
(4)「土祭2015ふりかえりアンケート」集計結果 →こちら(PDF・約0.6MB)
   終了後に、出展や出店、出演など形でご参加いただいた町内外の方々と、
   民間および役場職員スタッフなどを対象に実施しました。
 以上のアンケートはフリーアンサーもすべて書き起こしてあります。
 ご回答いただいた皆様、ありがとうございました。

………

来場者アンケートのフリーアンサーの欄で、このような声をいただきました。
 「地域を第一に、本当に大切に考えられたコンセプトに惹かれて伺いました。
 それが実際に表れていると感じられて本当に良かったです。舞台のイベントも食堂も展示も
 地元の方が観客としても多く参加されていて、地域のものになっている感じがとても良かったです。
 観光のために身を削ってしまうような地域イベントが多い中で、
 本当に地域のものとして成立していて、素敵な取り組みでした。また来ます。」(神奈川29女性)

ありがたい感想をいただきましたが、このようなご意見はむしろ、これからの「課題」として
真摯に受け止めております。まだまだ「途上」です。
「地域のものとして成立」させて、自らの地域を大切にしていく力を持ち続けるには、
まだまだ、まだまだ、これからです。
来年度は、「土祭の、そもそも」に立ち返り多くの方と
「これから」のことを考え続けていく一年に、と考えています。
ひきつづき、益子・土祭を通したさまざまな取り組みにお気持ちを寄せていただければと思います。

(土祭事務局)

2015年11月19日

塙地区と星の宮地区の「土祭基礎資料」公開!

長らくお待たせしてしまい申し訳ございませんが、「益子の風土・風景を読み解くプロジェクト」の記録をまとめた「土祭基礎資料」のうち、ウェブサイトで未公開となっていた2地区分を、土祭2015会期中に展示したものに若干の資料の追加等を行って新たに公開いたしました。
「益子の風土・風景を読み解く」のページから、閲覧とPDFファイルのダウンロードが可能です。

なお、公開済みの地区を含め、修正すべき点が判明した場合には随時差し替えさせていただきます。
何卒ご了承願います。

(土祭事務局)

2015年11月17日

土祭2015公式ガイドブック通信販売終了のお知らせ

8月の「土祭2015公式ガイドブック 土祭という旅へ」発売以来、北は岩手県から南は沖縄県まで、
全国各地のみなさまにご注文いただいている通信販売サイト「土祭2015ストア」 → こちら
おかげさまで土祭2015会期終了後も多くのご利用をいただいておりますが、
今月末をもって、店じまいさせていただくこととなりました。

今回のガイドブックは、単なるイベント情報のガイドではなく、この土地で生きる人、
そしてこの土地の風景を通して、益子がもつ風土性の魅力をお伝えする1冊です。
※より詳しい内容は、こちらのブログでご紹介しております。

この本を読んで益子に足を運び、人や風景との出会いから「この土地で生きること」を感じていただければ。
益子には行けなくても、この本が「みなさまの土地で生きること」を見つめ直すきっかけになれば。
そんな期待を込めたこの本の販売も、残すところあと2週間となりました。
どうぞお見逃しなく!

(土祭事務局 今井)

 

ページの上部へ戻る