プログラム

ましこ野菜&合鴨農法のお米給食プロジェクト

日程|
未定
会場|
    未定

農薬を使わず育てられた野菜とアイガモ農法で育てられたお米を使用した給食を土祭2021で提供をめざしています。

益子の野菜のブランディングを兼ねて、町内農家さんの農薬を使わず栽培している野菜の生産拡大と、安心安全の食への関心づくりの取り組みへとつなげていきます。

生産品目は、たまねぎ・にんじん・じゃがいも・ズッキーニ・ミニトマト・お米など、10軒ほどの町内農家さんに生産を依頼しました。

今後農薬を使わない野菜・お米の学校給食の提供の継続と、町内飲食店・食品加工製造業への町内産野菜活用の推進を行います。

学校給食にて子供たちに提供することにより、益子町内でどういう野菜が作られているか、また有機栽培・自然栽培とは何か興味を持ってもらうことを目的としています。

将来的にはそれらが町内生産量の拡大につながることも目標にしています。

△合鴨放鳥の様子

お米を育ててくれるのは、合鴨農法でお米を育てて30年目の小島久之さん(写真:左)と益子にUターンし、新規就農した仁平祐一さん(写真:右)です

△田植えの様子(撮影|仁平彩香)

 

ページの上部へ戻る