土祭2018アーカイブ 遍歴と変容の益子地図|田中望

陶芸メッセ・益子にて展示された作品です。
 
 
ガイドブックより…

 

益子という場所は、異なるものが出会い混ざり合う土地であることに興味が惹かれる。

南の緑と北の緑、古い技術と新しい技術、この土地のものと他所のもの。
こうした混ざり合いによって、益子は自らを変容させながら命を育んできたのではないか。

この土地の暮らしの中にある、他所のものとの関わりを探り、
自らもこの出会いの環の中に入ることから、益子の風土を描いてみたい。

 

 

(撮影|佐藤元紀、土祭事務局)

ページの上部へ戻る