「益子の原土を継ぐ」陶芸家 川崎 萌さん

益子で採れる原土を用いて陶芸家・染織家・日本画家・左官、24名の作家たちが、
新しい表現に挑戦しています。
益子の原土「北郷谷黄土」「新福寺桜土」「大津沢ボクリ土」の3種類を使用し制作。
作品は、土祭期間中、展示会場のひとつとなる、陶芸メッセ内 旧濱田邸で、展示します。
24名の作家の、作品への想いを紹介します。

陶芸家 川崎 萌さんの、作品への想いを紹介します。 
益子の原土を継ぐ 川崎萌さん
「私は、鹿児島県屋久島出身で、鹿児島市の窯業指導所に3年間いました。
九州には窯業の仕事はないような気がして、島へ帰って独立をするつもりでいたんですね。
まず、独立する前に、外を見てこようと思いたち、九州だけではなく、
もっと遠いところと考えた時、益子にも行ってみようと思いました。
益子へ来て、窯元で賃引きの仕事をしていたんですよ。
賃引きというのは、ろくろでひいて、焼く手前まで完成させて、
素地ひとついくらという仕事です。
昔から職人に憧れていて、職人ってかっこいいと思っていて、
ろくろの職人になれたらと思っていたのです。
1分で1個ひくとか、スピードにこだわったりもしましたね。
速くひけるからなんだ?と人に言われたりもしましたが、速くひいた先には、
速くひける人にしかわからない世界があると思います。
スポーツ選手で、すっごく速く走った人にしかわからない世界、
そこにたどり着いた人が見えるもの、そこまでいかないとわからないですよね。
自分の感覚というか、当時はプライドを持って、ろくろをひいていました。
賃引きの仕事で、自活もでき、自信がつきました。」

川崎さんの細工場は、小宅地区にあり、雑木林の中にひっそりと建っています。
庭にあるヤマボウシの葉っぱを手に取り、
「屋久島は、コントラストが強くて、美しい自然がいっぱいで、
帰りたい気持ちになる時もあります。」
ヤマボウシの実を1つ取り、手のひらに乗せてくれました。
赤くて、コロンと丸いヤマボウシの実。
屋久島の植物は、色鮮やかで、そして、空は、もっと青いのでしょうか。

益子の原土を継ぐ 川崎萌さん

川崎さんの作品に用いられている印花(半乾きの素地に押し付けて、模様を刻むもの)
印花を購入される方もいますが、川崎さんは大きさが様々な印花を、手作りされています。
印花は、素焼きではもろいので、本焼きして使っているそうです。

「この印花のモチーフは、学生の時から使っています。
同じ印花を使って、連続させたり、色々な模様にするのが好きで、
手毬の模様や、蝶にしたりしています。
釉薬できっちり色を出すより、土祭では、土そのものの美しさをだしたいです。
作品を通して、土の、自然なままの美しさを感じてもらえたらと思っています。
灯油窯で焼き締めて、原土を見せようと思っています。
釉薬と違って、焼き締めだとやれる仕事が増えるんですよ。
今回は、単身で150目で濾して、細かくして使いました。
細かいので、石っぽく焼けるので気に入っています。
原土は、ろくろで一気に大物をひくのは難しいですね。」

益子の原土を継ぐ 川崎萌さん

壷に、ひとつ、ひとつ、丁寧に印花を押してながら、
「2年前に技術支援という形で、カンボジアに行ったことを思い出しました。
釉薬陶器を作るプロジェクトに参加したのです。
村人は鉢、米びつとかを作って、野焼きして売っていました。
素焼きなので、強度の面や、使用にしても限りがあります。
村人が作っていた鉢は、素朴な美しさ、失われていく美しさを感じました。
今回の仕事も、近いものがあると思っています。
原土は、他の土と混ぜて作ったりはしていましたが、
原土だけを使って、時間をかけて濾して焼き締めてという仕事は、なかなかできない。
原土で作るって、サバイバルな感じがします。
どこへ行っても、陶芸ができるんですよ!
荒野にぽんと置かれても、陶芸ができる。すごいですよね。
原土で作るというのは、自分の経験的にもよかった。
今までは経験がなかったけど、益子の土地がより身近に感じられるようになったような気がします。
出来も、色も良くて、原土の仕上がりが好きです。」
サバイバルという言葉に、2人でふふっと笑いました。

益子の原土を継ぐ 川崎萌さん

「今回の展示は、陶芸家の若杉集さんに誘われて、参加しました。
こういう機会に誘っていただいて、ありがたかったです。
益子にいるから、やれる仕事だと感じられました。
やらなくちゃわからなかったことです。
普段の仕事とは、違うベクトルの仕事ですが、今後も続けていきたいと思っています。」

原土を150目でふるって、細かい粉から、なめらかで肌障りの良いの粘土に。
この原土に出会ったことで、川崎さんの作品作りの幅は、
もっともっと広がっていくことと思います。

(土祭広報チーム 仲野 沙登美)

 

 

「益子の原土を継ぐ」陶芸家 村澤 亨さん

益子で採れる原土を用いて陶芸家・染織家・日本画家・左官、24名の作家たちが、
新しい表現に挑戦しています。
益子の原土「北郷谷黄土」「新福寺桜土」「大津沢ボクリ土」の3種類を使用し制作。
作品は、土祭期間中、展示会場のひとつとなる、陶芸メッセ内 旧濱田邸で、展示します。
24名の作家の、作品への想いを紹介します。

陶芸家 村澤 亨さんの、作品への想いを紹介します。 

益子の原土を継ぐ 村澤亨さん
村澤陶苑の5代目 村澤さんの細工場は道祖土にあります。
代々続く窯元。型おこしなどの手伝いから始め、作るのが面白いと気付いた学生時代。
家族から陶芸をやって欲しいと言われたことがなく、強制もなく、
陶芸の道に進むと伝えると、お父さんは、
「大変だけど、頑張りなさい。」
と言い、いろいろな技術を伝えてくれたそうです。
益子の原土を継ぐ 村澤亨さん
この丸い入れ物は、サヤと言います。
焼成時、窯内に器物をできるだけ多くいれたい時、もしくは、
保護する目的で窯積みに用いる耐火粘土製の容器のこと。
「私は、サヤの中に籾灰を入れて、3種類の原土があるので、
3つの皿を釉薬をかけずに焼きました。
サヤの中で、皿同士を2つ合わせて焼いたので、皿の内側、合わさった部分は還元になり、
高台との、色の変化が出るかなと、そこを狙いました。
原土の中には、生地が弱くてへたっちゃうのもありましたが、完成できました。」

村澤さんは小鉢と湯飲みをを持ってきて、
「原土を水簸して残った砂を泥状にして、器の仕上げに刷毛で、泥砂を塗ってみました。
白泥で刷毛目という仕上げがありますよね。あれの、原土の泥砂バージョン。
水簸して残った砂は、濾し砂と言って、登り窯の補修に使うのですよ。
補修だけでなく、作品にできたら面白いなと思って、塗ってみたんですよ。
湯飲みは表面がゴツゴツしているけど、なんとか使えそう。
小皿は、使えなさそうだなぁ。」
食べ物を盛るのに使いづらいのなら、灰皿はどうでしょう?と提案してみたところ、
「灰皿いいですね。」
泥砂を刷毛目にした小鉢と湯飲みの仕上がりは、砂の粒々が見え、
刷毛で塗ってあるので流れるような勢いがあり、表面が荒々しい。
益子の原土を継ぐ 村澤亨さん

登り窯に案内してもらいました。
焚口が2つある、珍しい登り窯だったそうです。
村澤さんが小さい時にお父さんが作り、幅も広ければ、長さもあり、
10部屋ある大きい登り窯だったことが想像できます。
この登り窯は、震災で壊滅的に破壊されました。
村澤さんは補修し、この焚口と部屋を3部屋残し、記念に残したそうです。

「父が亡くなった2か月後に、震災がありました。
全て登り窯を壊して、新しく作ろうかと思ったのですが、2つの焚口がある前だけは残しました。
壊す時は、本当に辛くて・・・
この2つ焚口がある登り窯で、祖父や父、職人さん達と、年に4回は焼いていたのですよ。
壊した材料を使って、窯作りの職人さんと新しく作った登り窯は、こちらです。」

益子の原土を継ぐ 村澤亨さん

新しく作った登り窯の材料は、お父さんが作られた登り窯の材料と同じ。
窯作りの職人さんの支持を受け、ボランティアの方達と、一緒に作られたそうです。
「自分1人で窯をいっぱいにすること、焼くことは大変ですが、年に1回焼いています。
益子の登り窯は、量産できる立派な登り窯です。
私には息子がいるので、息子に見せる意味でも焼いています。
現在は、何にしても便利ですよね。
陶芸の焼成でも、ガス窯や灯油窯などがあり、簡単に焼けるようになりました。
そうじゃなくて、便利なことからは得られない付加価値が、登り窯にはあると思っています。
登り窯で焼くということを、益子に残していかないと。
そして、益子焼を残したい、そういう想いが強いです。」

村澤さんのお父さんも、登り窯を焼くところを子供に見せたくて、登り窯を作られたのでしょう。
お父さんの想いは、村澤さんに受け継がれ、そして息子さんへ。
想いだけでなく、技術もしっかりと受け継ぎ、登り窯で焼く作品を村澤さんは作りためていました。

(土祭広報チーム 仲野 沙登美)

「益子の原土を継ぐ」陶芸家 菅谷 太良さん

益子で採れる原土を用いて陶芸家・染織家・日本画家・左官、24名の作家たちが、
新しい表現に挑戦しています。
益子の原土「北郷谷黄土」「新福寺桜土」「大津沢ボクリ土」の3種類を使用し制作。
作品は、土祭期間中、展示会場のひとつとなる、陶芸メッセ内 旧濱田邸で、展示します。
24名の作家の、作品への想いを紹介します。

陶芸家 菅谷 太良さんの、作品への想いを紹介します。 

益子の原土を継ぐ 菅谷太良さん
菅谷 太良(たかよし)さんの細工場は、大沢地区にあります。
庭が広く、草刈りが大変でと笑って案内してくださいました。

まず陶芸の道を選んだ話から始まりました。
「私は大学時代に彫刻をやっていたので、土祭の作品は、塑像にしようと思っていました。
塑像というのは粘土で作った像のことで、人の顔を作ろうとしていました。
ですが、個展などの関係で時間がなく、急いで作っても良いものが作れないので、
作ったことのある花器にすることに決めました。
私が行っていた大学は、工芸の全ての科目を履修して、様々な工芸に触れ、
4年目で1つに絞るというシステムだったんですよ。
彫刻しかやるつもりはなかったのですが、大学で陶芸をやっている人達が、
すごく楽しそうに見えたんですね。
親は器が好きで、何か器を作ってあげたいなという気持ちも手伝って、陶芸の道に進みました。」

益子の原土を継ぐ 菅谷太良さん
菅谷さんとお会いしたのは、個展の前日で、品物にシールを貼り梱包する作業をしていました。
たくさんの焼き上がった器に囲まれ、原土の話を。
「学生の頃、新潟県湯之谷村へ原土を掘りに行き、粘土を作りました。
その粘土を使って、湯之谷村民、全員分の茶碗をろくろでひき、プレゼントをしたことがあります。
その時から原土に触れていたので、原土というものには親近感がありました。
現在は、原土を使った作品は、10のうち2ぐらいは作っています。
今回、使用する原土は3種類あり、大津沢ボクリ土は簡単に作らせてもらえない土ですね。
成形よりは化粧泥に向いていると思います。
真福寺桜土は、益子の陶芸家でも、知らない人が多いんじゃないかな。
北郷谷黄土は使いやすいですね。
原土はそれぞれにクセがあるので、強引に大きいものは作らせてもらえません。」

菅谷さんの細工場の隣は、奥さんの細工場とつながっています。
奥さんも、同じ大学卒のようで、大学時代の話を、一緒に思い出されて話されていました。

益子の原土を継ぐ 菅谷太良さん
第1回目の土祭では、馬場さん(故 馬場浩司さん スターネット主宰)と、
直接、お会いして、土祭の想いだったり、希望だったりを聞いていた菅谷さん。

「第1回目の土祭では、馬場さん(故 馬場浩司さん スターネット主宰)が、
いろんな困難を乗り越えて、みんなを引っ張って開催したのは、すごいこと。
日本中から、すごい人達を益子に呼んできましたよね。
馬場さんは、益子をPRすることをやめなかった。
3回で終わってしまったら、そこまでのイベントになってしまうと思う。
10回くらいやって、一区切りとして、何か出てくるものがあると思っています。
馬場さんから受け取ったバトンを、次の人達へバトンタッチしていかないと・・・
土祭は人のつながりが、とても大事なイベントなので、大切に広げていきたいと思っています。
益子は焼き物だけじゃないんだと、益子をPRする良いツールだと思います。
益子独自のものが開催できればと思っています。」

益子の原土を継ぐ 菅谷太良さん

土祭だけでなく、陶器市の話まで、話は広がりました。
より良くなるようにと、想い続け、人に伝える大切さ。
そこから広がる波紋、人とのつながり、そして、より良き方向へ進んでいく・・・

細工場の前には、蓮の鉢があり、
「私はメダカの世話をしていて、奥さんは蓮を大事にしているんですよ。
今年は蓮が1つしかならなくて、残念です。」
これから大きくなろうとする小さな蕾が、葉っぱの脇から見えました。

(土祭広報チーム 仲野 沙登美)

「益子の原土を継ぐ」作品講評会 明日(9月23日 15:00より)開催 -陶土 (つち) と産地の話をしよう-

「益子の原土を継ぐ」作品講評会の開催 -陶土 (つち) と産地の話をしよう-

土祭2015の企画、展示「益子の原土を継ぐ」の作品講評会を行います。
この企画の中で、各作家は益子の原土を用い製作をしました。作家個々の想像する力、具現化する力を膨らませ、益子の原土を継いで行くことは、きっと産地の豊かさにも繋がるはず。そんな思いから「益子の原土を生業に生かし、それぞれ飛躍する」という希望を体現すべく、陶芸、染織、左官、絵画、日本画の作家24名が、自ら赴いて調達した3種類の原土を自らの手で創作に活かすことの試みしたことを、土祭期間中、旧濱田庄司邸で展示を行っています。つきましては9月23日の15時からと18時から、24名の作家を2部に分け参加作家による作品講評会の観覧ができます。当日はワークショップが、13:30より、藍染色家の中村曙生さんと行う。布に糊で絵柄を描いた布に、益子の土で色を置き一つの作品を仕上げる体験ができます。
※場所のサイズに限りがあるため、入場できない場合もあります。

genndo-2

日時 | 9月23日[土]第一部(15:00~17:00)、第二部 (18:00~20:00)の2部構成。
内容 | 参加作家による作品のレビューの後、談話。
会場 |陶芸メッセ・益子内 旧濱田庄司邸(城内)
参加費|無料
予約 |必要なし、当日のみ。
益子の原土を継ぐ参加作家|阿久津雅土・岩下宗晶・岩見晋介・岩村吉景・大塚一弘・大塚誠一・加藤靖子・加藤弓・川崎萌・川尻琢也・郡司慶子・近藤康弘・庄司千晶・白石博一・菅谷太良・鈴木稔・中村曙生・中村かりん・萩原芳典・古田和子・宮沢美ち子・宮田竜司・村澤享・若杉集 ※参加作家は、第一部と第二部に振り分けて話を行います。
主催| 「益子の原土を継ぐ」参加作家一同

 

第一部
近藤康弘、古田和子、阿久津雅土、川尻琢也、菅谷太良、鈴木稔、加藤弓、川崎萌、岩村吉景、若杉集、大塚一弘、宮田竜二、村沢亨 (順不同)

第二部
庄司千晶、岩下 宗晶、萩原芳典、加藤靖子、大塚誠一、宮沢美ち子、中村曙生、中村かりん (順不同)

※第一部、第二部の参加作家は予定無く変更することがありますので、ご了承下さい。

 

体験工房 布を土で染める

DSCF1658

日時 | 9月23日[土]ワークショツプ 布を土で染める (13:30~14:30) 藍染作家・中村曙生
内容 |益子の土について語らいながら中村曙生さんの型で糊付けした布に、益子の土で色を染め一つの作品を仕上げます。
会場 |陶芸メッセ・益子内 旧濱田庄司邸の登り窯(城内)
参加費|無料
予約 |必要なし、当日のみ。
定員 |定員に達し次第閉め切ります。

 

 

「益子の原土を継ぐ」陶芸家 萩原 芳典さん

益子で採れる原土を用いて陶芸家・染織家・日本画家・左官、24名の作家たちが、
新しい表現に挑戦しています。
益子の原土「北郷谷黄土」「新福寺桜土」「大津沢ボクリ土」の3種類を使用し制作。
作品は、土祭期間中、展示会場のひとつとなる、陶芸メッセ内 旧濱田邸で、展示します。
24名の作家の、作品への想いを紹介します。

陶芸家 萩原 芳典さんの、作品への想いを紹介します。 

益子の原土を継ぐ 萩原芳典さん
一の沢地区にある萩原さんの細工場。
萩原さんは、伝統的な益子焼を作り続ける陶芸家であり、萩原窯の5代目。
作品は日本を飛び立ち、諸外国の美術館にも収蔵されています。
萩原さんは多趣味で、熱帯魚や金魚の水槽がたくさん置いてあり、
夜釣りを楽しんだり、夏になると、オニムシ捕りをするのに早起きするそうです。
オニムシとは、方言でクワガタのこと。
「バケツいっぱい捕ってきますよ。今度あげましょうか?バケツにいっぱい。」
冗談を言って、笑わせてくれました。

益子の原土を継ぐ 萩原芳典さん
ろくろを回し、すすすーっと土が伸びていきました。
萩原さんはただ、手を添えているだけのように見えます。
短時間で、鉢が出来上がりました。

「土祭の作品は、低温焼成し、弱めに焼いたふわっとした感じの器を作ろうと思っています。
いつもは1310度くらいで焼いていますが、1180度まで落とします。
益子の柿釉は溶けないですが、益子の黒と言われている釉薬は、蕎麦釉のように変化しますし、
並白釉はやわらかい表情を出してくれます。
低温焼成は、素焼きをしません。
生掛けと言われる、素焼きをしない生地に釉薬をかけて焼くということや、
長時間焼かないので、エコだと思っています。」

低温で焼かれたテストのぐい飲み。
萩原さんがゆったりとひいたぐい飲みは、ふわっと軽い仕上がり。
持ってみましたが、焼きが甘いなどはありません。
粘土からだと2日もあれば完成させられると、萩原さんはおしゃっていました。
ろくろでひいて、縁の部分が乾いたら裏返して、硬さを見て、高台を削り、
完全に乾燥させて、素焼きして、釉薬をかけて、本焼きをするという一連の流れは、
かなり時間がかかります。
素焼きなしだとしても、2日間で完成させるとは驚きです。

低温焼成をするきっかけを伺いました。
「15年前に、窯業指導所の先生が、低温焼成の土作りを試験的にやっていたんですよ。
お前もやってみろと言われて、土をもらったのですが、土はずっと眠ったままでした。
やりたいという気持ちが高まり、低温焼成の作品を作り始め、研究し続けています。
普段は、手濾し粘土職人 吉沢仁さんが作った土をベースに、ずっと使っていたのですが、
吉沢さんが土作りをやめてしまったので、自分で原土を掘り、粘土を作り始めました。
現在は、原土の作品ばかりですね。
今度から、水簸せずに粘土を作ろうと思っているんですよ。
スタンパーと言う粉砕機を手に入れたので、原土を粉砕して、ふるいにかけて、
水を足して、粘土にして、器を作ろうと思っています。」

益子の原土を継ぐ 萩原芳典さん

萩原さんは、ろくろから離れ、制作途中の片口の前に座りました。
「第1回目の土祭では、土人形を登り窯で素焼きする手伝いをしました。
造形作家のKINTAさんと、陶芸家の大塚一弘さんと一緒に焼きました。
登り窯で素焼きをするというのは、本焼きするより難しいのですよ。
タイミングがすごく大事で、火が直接当たると割れてしまうし、火が走っちゃうと全滅するし。
680度を3時間保って、1部屋ずつ焼いていきました。
2回目は、祇園祭の若衆 城内山車組に頼まれて、日下田藍染工房のところで警護をしていました。
3回目は、作家として参加します。地元の人達と協力してやれたらいいなと思います。」

窯焚きといったら、萩原芳典さんに頼むという話は、他の陶芸家から伺ったことがありますし、
実際、私が窯元で焼き物の修行をしていた時も、耳に入ってきました。
窯焚きとオニムシのことは、萩原に聞け。
何故か。それは、萩原さんが窯焚きに立ち会った回数が、かなり多いからだとわかりました。

益子の原土を継ぐ 萩原芳典さん

「震災前は、この登り窯で、年に8回焼いていました。
窯焼きを頼まれることも多く、年13回焼いたこともありましたね。
穴窯とか入れると、もっと焼いていますね。
窯が好きで、電気窯、灯油窯、ガス窯、登り窯がうちにはあります。
原土掘りも楽しいし、窯焼きの段取りをぶつのも楽しいし、窯焼きはもっと好きで、
全て楽しいです。うちの登り窯は、かなり焼いているで、地震の時でも壊れなかったんですよ。
中を見てください。がっちり固まっているでしょう。
登り窯の後ろの2部屋は少し崩れましたが、あとは無傷。残っていてくれてよかったです。」

登り窯の前で、窯焼きの話をする表情がほころんでいました。
先人から受け継いだ登り窯の焼成の技と、ご自身で経験して積み上げていった窯焼きの技。
伝統的な益子焼を作りつつ、新しいことも研究し続けるからこそ、
萩原さんの鋭い感性が磨かれているのだと思います。

(土祭広報チーム  仲野 沙登美)

ページの上部へ戻る