作品展示アルバム[5]道祖土・上大羽エリア

[この土地で生きることの祭り「照らす」道祖土エリア・上大羽エリア]

城内エリアから北へ。濱田庄司記念益子参考館やスターネットがあり、
古くから益子焼に用いる原土も多く採掘されてきた道祖土(さやど)のエリア。
そして南東へ足を伸ばして、中世の歴史がいまも息づく上大羽エリア。
3名の作家の展示をご紹介します

15「世界と私/風が吹くと木の葉が騒めく」 藤原彩人 元PANEM 石蔵とその周辺

益子に拠点をもつ彫刻家 藤原さんは、石蔵の中と庭で、3つの立体作品と、
窯の中に投影するという形での映像作品とで展示を構成。
かつてイタリア人のパン作り職人によって使われていた釜の中に映し出されたのは
「生成の影の光」と題された「こねる手」の動きのシルエットでした。

_ANO1230

_ANO1243

_DSC2657

_DSC2718

16 「水ヲ分ケルウツワ」 古川潤 上大羽・綱神社とその周辺

_ANO0228

彫刻家の古川さんは、ここ、上大羽エリアの住民でもあります。
子供の頃から馴染んできた土地の空気に、
生き物たちを、その気配の空気とともに置きました。

_ANO0227

_ANO3098

_DSC7042

_DSC8089

木の家の中にいたのは、ハクビシンでした。
カメラマンのO田さんは、早朝の光で会場を撮ろうと、夜明け直前に訪れ、
イノシシの気配に驚き、思わず大きな声をあげてしまったそうです。
IMG_0554

17「素/しろ 舞踏する成井恒雄の体温」 村田昇 starnet zone

写真家の村田さんは、土祭の総合プロデューサーであった故・馬場浩史さんによって
陶芸家・成井恒雄さんの世界へ導かれました。
3年前に他界された成井さんの工房に都内から通いつめ、
残されていた「素焼き」を追い続け、今回の展示となりました。

_DSC7518

_DSC8872

_ANO3946

_ANO7961

_DSC8900

会場に展示された、企画協力の豊永郁代さん(アイシオール)による文章をご紹介します。

MASHIKO アヴァンギャルド

素焼きの壺が、土瓶が、踊っている。
成井恒雄さんのてのひらから、笑いながら出てきたのかな。
成井さんの体温をまとったまま、輪になって踊っている。

 こんな器をつくる人なら、
一人、踊っていただろう。
どんな暗い夜も、古代の血のリズムに合わせ、身体を波打たせていただろう。
たとえじっとしているように見えても、いつもなにかに激しく突き動かされていただろう。

村田昇の撮った器の写真から感じる成井さんは、村田が思う成井さんだ。
村田は、生前の成井さんに一度しか会っていない。
馬場浩史さんのスターネットの野外でのパーティで、新聞紙にくるんだネギを焚き火で焼いて、
ものすごくおいしい料理にしてくれた。
すごい、と感動したけれど、それ以来会うことはなく、成井さんは幻の存在だった。
「成井さんの仕事場を撮ってほしい」。
成井さんを高く評価していた馬場さんに頼まれたのは、成井さんが亡くなったあとだ。

 成井さんの仕事場で、村田は釉薬のかかる前の素焼きの器と出合う。
「なんて言うのかな、ああ、アヴァンギャルドだと感じた」。
「もしかすると」と村田は言葉を継いだ。
「長い時間を陶芸家として過ごし、ある程度の年齢になったとき、
これからはつくりたいように、自分のためにやきものをつくろうと決めたんじゃないかな。
この素焼きは、自由に手を動かしてつくったもの。そんなふうに、僕には感じられた」。
それは、村田の現在の心境と通じるものだった。

 10年以上前、成井さんの登り窯が三日三晩焚かれると聞き、
私は山崎光男さんに連れていってもらったことがある。
大きな登り窯が赤くふくらみ、煙を闇が吸っていた。
創造と祝祭の窯焚き。
仕事場の囲炉裏近くに座り、白熱灯の下でお茶を飲んでいた成井さんは、
石像のように彫りが深くて、静かな笑みをたたえていた。
ここに、この人がいる。
そのことで、集まっている若い陶芸家たちが安心しているのが感じられた。
その夜、いちばん印象に残ったことだった。

 スターネットと土祭を牽引していた馬場さんが、一昨年亡くなった。
いや、益子とみんなが、馬場さんを失ったと言うほうがしっくりくる。
馬場さんもいるだけでよかった人だ。いまも、村田は益子をしばしば訪れる。
いろんな人、景色を撮りながら、馬場さんと成井さんに会いにくる。
アヴァンギャルドを感じにくる。
アヴァンギャルドとは、エレガントで洗練された野蛮だろう。
自由。良いものも悪いものも知っている容量。駄目なものを駄目だという優しさ。

 
「心から出てきた鼓動をかたちにすればいいのかなと思うようになった。
偶然に舞い降りるものに対して、予期しない結果に対して、美しいと思えるかどうか。
思うままに身体で、写真を撮ればいい」。
成井さんの素焼きを見ていると、村田はそう思えるのだと言う。
熱中して素焼きを撮った。
あるとき、ファインダーをのぞかないでシャッターを切った。
器の注ぎ口が見切れてしまったが、村田は「これからは、こっちだ」と言った。

 二人のアヴァンギャルドが死ぬまで暮らした町、益子。
いろんな人たちが移り住んできた益子。
その理由は、見ようとしなければ、見えない。
わかりやすい美しさ、わかりやすい温かさ、わかりやすい弱さ、そのもっと奥にあるものはなにか。
結界の向こうにあるものに、眼を凝らしたいと村田は思う。
かつてこの町は、アヴァンギャルドたちになにを与えたのか。
益子はなんのインキュベーターだったのか。
その答えは、益子を、私たちを、まだ待ってくれている。

 文・豊永郁代

(事務局 簑田|撮影 長田朋子 矢野津々美)

作品展示アルバム[4]道祖土エリア

[この土地で生きることの祭り「照らす」道祖土エリア]

城内エリアから北へ。濱田庄司記念益子参考館やスターネットがあり、
古くから益子焼に用いる原土も多く採掘されてきた道祖土(さやど)のエリア。
このエリアでの5名の作家の展示からまず3名の展示やパフォーマンスの様子をご紹介します

13「木の葉の灯り」 川村忠晴 つかもとSPACE石の蔵

_ANO3491

江戸末期1864年、塚本利平がこの地に築窯したしたことにルーツをもつ
「つかもと」の敷地内には歴史的な建物が多くのこされています。
昭和10年ごろに建てられ塚本家の米倉として使われていた「石の蔵」の1階と2階では、
造形家の川村さんが、植物の素材を用いた灯りとオブジェの展示を行いました。
_ANO3539

_ANO3509

_DSC3305

_D752887

_ANO3582

14「植物の可能性」 小春丸 つかもと益子焼工房

_ANO3721

_ANO3827
同じ「つかもと」の敷地内にある工房は、現在は使われていない登り窯や
作業場と、今も活気ある作業が行われているスペースが混在しています。
その「ふだんのまま工房」の中で、華道家の小春丸さんが展示を行いました。

_ANO3844


「生け花LIVE」9月19日 内町 「内町屋台パーク」にて。

内町地区で祗園祭の神輿を保管展示している建物の屋根の下、
小春丸さんの生けこみのパフォーマンスライブが開催されました。

_ANO8188

_ANO8256

IMG_7659

IMG_7707

_ANO8478

ギャラリーのみなさんも、グミの木の葉を間引くなどで参加。
完成した時には大きな拍手が起こりました。
_D754339

14「Under one sky」  douglas black   Planet Home

_ANO4512
道祖土のバイパス沿いの休耕地で展示を行った、お隣・茂木町に住むダグラス・ブラックさん。
展示会場でのサインに記されたご本人の文章を紹介します。
………
Under One Sky
細胞の記憶をたどり未来を思い出す
繰り返される月の満ち欠け 自然と命の完璧なリズム
人間は同じ空と大地の間に生きるもの ひとつの願いをもって

古代、文化さえなかった頃、人間はひとつの同じ空の下、この地球という星に暮らし、
自然と対話するように直接つながっていました。
そんな私たちの原点、地球に生きるものとしてのシンプルな自然と人間のベース、
古代と未来をつなぐ通過点、人間の軌跡を表現しました。
中心から遠く離れてしまった現代、原点を思い出し、グラウンディングする。
そこから大きな目ですべてを見渡すことができたとき、人間は自然と調和し、
人種や文化の違いも超え、ひとつの輪になり、
新しく懐かしい未来に続いていくのではないかと思うのです。
_DSC1117

_DSC1122

_ANO2674

道祖土エリアの展示の紹介は、次回に続きます。

(事務局 簑田|撮影 長田朋子 矢野津々美)

作品展示アルバム[3]城内エリア

[この土地で生きることの祭り「照らす」城内エリア]

城内地区で開催した土祭は、陶器店やギャラリーが立ち並ぶ城内坂の通りから、その先へ。
中世の遺跡が残る「御城山(みじょうやま)」の陶芸メッセ・益子敷地内へ、
路地裏へ、または高館山の麓まで足を伸ばした先で、
展示はもちろん、イベントや地域の自主企画をお楽しみいただきました。

ここでは、風土・風景を読み解くプロジェクトの聞き取りや「つどい」でも
地区の皆様の話題に多くのぼった益子稲荷神社、円道寺池の展示。
そして、益子の子どもたちもワークショップで作品をつくり参加した展示をご紹介します。

「城内・一の沢地区」の風土・風景を読み解く「基礎資料」もあわせてお読みください。→こちら

9「雲のゆくえ」 浅田恵美子 益子稲荷神社

1_DSC1784

2_DSC1805

_DSC7753

2011年の東北大震災、そして翌年に益子町も大きな被害を受けた竜巻。
浅田さんの自宅と工房のまわりの木々がほとんどがなぎ倒されてしまったそうです。
作品に寄せて来場者の方々への浅田さんのメッセージは、このように結ばれていました

「2年、3年、4年と少しずつですが再生が始まっているように見受けられます。
しかし、今も日常のいとなみを取り戻せない人々がおられます。
なんとか良い状態になりますように、願いを込めて展示しました。
雲のゆくえが気になります。2015年9月13日 浅田恵美子」

3_DSC1798

10「ひかりのはこ、益子の太陽」佐野陽一と益子の子どもたち
陶芸メッセ・益子内 国際交流館アトリエ
4_ANO3426

5_ANO3352

6_ANO3357

7_ANO3355

8_ANO3411

シネカリグラフィー(→こちらのブログ)とならんで、ピンホールカメラを用いた作品発表でも
益子の子どもたちが参加・出展を行いました。
東京藝大美術学部先端芸術表現科非常勤講師であり、ご自身も作家活動を行っている
佐野陽一さんによるワークショップを8月19日、20日に開催。
ピンホールカメラをつくる。益子の町へ出かけて、撮影をする。印画紙を現像して作品を焼く。
…という充実のプログラムで、参加の児童生徒のみなさんも、またとない体験ができました。

11「波紋/池をめぐる13の物語」川崎義博 円道寺池とその周辺

9_DSC9180

10_D753874

11_DSC1602

サウンドアーティストの川崎義博さんは、地元「花の会」のみなさんが
丁寧に整備を続けている円道寺一帯で、ぬかるんでいるところなどに
木の橋を渡し、池のまわりを一周歩いて散策できるように整え、
音と光を配した空間を作品として発表しました。

12 「the pool which peers into the sun」大田高充

12_ANO2126

13_IMG_0359

14_DSC8816

_ANO2260

_DSC1644

池の中には、太陽電池。
水面下で息をひそめるものと、水上で陽の光をあびるもの。その総数は、104個。
太陽電池は、岸に設置したボックス内に並ぶLEDと、一対一でコードで接続されています。

空模様で、水の透明度や濁り具合で、水上を横切る鳥や、水中を泳ぐ魚の気まぐれ具合で…。
大田さんの作品では、リアルタイムで変わる光のゆらぎを見ることができました。

16_DSC1517

backstage photo 
とはいえ、開幕直前の豪雨災害の影響で(設置作品の水没や池の水位上昇などにより)
作業の続行が困難になり、会期が始まってからも大田さんの設置作業は続きました。
全貌が完成したのは会期後半でしたので、ご来場いただきましたのに
全体像をご覧になれなかった方も多いかと思います。
写真でのお披露目として他の作品より多めに掲載させていただきました。
(事務局 簑田)

IMG_6888

作品展示アルバム[2]田町エリア

会期中に足をお運びいただいた皆さまも、
土祭のことを気にかけてくださっていたみなさまも、大変お待たせしました。
これから少しずつ、会期中の様子を写真アルバムでご紹介します。

[この土地で生きることの祭り「照らす」田町エリア]

5「土という象形文字の彫刻」KINTA  新町空き地

1_ANO1480

2_DSC4406

3_DSC4425

4_ANO2048

5_ANO2047

益子在住の造形家KINTAさんは、町内の北端、南端、西端、東端の地に出向き、
そこで採取した土を「土」という立体の四方に塗り込めました。
あたかも、益子全土を見守る灯台のような「土」が、
長年空き地となっている空間に出現しました。

6「Chandelier」Project RECON 元平野ガソリンスタンド

取手を拠点に活動するリメイクインテリア制作チームRECONの3名は、
町内をフィールドワークして廃材を集め、ガソリンスタンド空き地に大きなシャンデリアを設置しました。
7_ANO7516

6_DSC5318

また、メンバーそれぞれも古い農機具や廃棄される陶器などを用いて作品を展示。
9_ANO1014
田村洋介「connectware」

10_ANO1051
伯耆田卓助「Smoke indicator」

8_ANO1016
田中一平「脱ー再ー構築」

7「聖なる侵入より/森閑」川崎義博 太平神社

2009年の第1回土祭にて、開幕の儀とともに展示会場になった太平神社に
ふたたび土祭が帰ってきました。
サウンドデザイナーの手によって、境内と社の裏手にある「鏡池」が音のある空間に。

11_ANO2730

12_DSC0564

13_DSC0478

14_DSC0446

15_DSC1775
そして、社に向かって左手の道。
道端に咲く花のような「鏡」に導かれながら登っていくと……

8「afterglow」栗山斉 太平神社 先人の丘

16_ANO0979

17_DSC7691

18_ANO0896

19_ANO8057

朽ち果てて撤去された社の跡地に、無数の「鏡」を
人知れず原っぱに咲き乱れる花であるかのように……。
朝の光、真上の太陽、夕の光、時刻や天候によっても
景色の見え方・感じ方が違ってくる空間に、繰り返し訪れる方もいらっしゃいました。

(事務局 簑田|写真 長田朋子 矢野津々美)

作品展示 写真アルバム[1]新町エリア

会期中に足をお運びいただいた皆さまも、
土祭のことを気にかけてくださっていたみなさまも、大変お待たせしました。
これから少しずつ、会期中の様子を写真アルバムでご紹介していきます。

[この土地で生きることの祭り「照らす」新町エリア]

小屋プロジェクト|新町 虚空蔵さまの丘

IMG_9996 _DSC2580
益子駅から徒歩3分。虚空蔵さまの木の表示がかかる小さい小屋の脇を登り、
益子で暮らす人たちからも「こんなところがあったの?」と
感嘆の声があがる見晴らしのいい小高い丘。
もともとあった作業小屋に敬意を払いつつ、
木工家具作家と美術家による新しい仲間2つの小屋が建ちました。
少し丘を登った先には、かつて「山の神」の祠があり、
地域の方が「どんど焼き」を行っていたという場所も。
作家と地域の方々で草刈りや整備を行い、会期中は、多くの方をお迎えしました。
居心地が良すぎて、長いする方が多かったですね!

1「益子の暮らしが見える小屋」高山英樹

_ANO1573 _ANO1644 _ANO7205 IMG_0013

2「風景を切り取る小屋」仲田智

_ANO0389 _ANO0471 _ANO1589 _ANO1556 _DSC4527

 中に入ると、四方の壁には風景を切り取る「窓」が。
「窓から見えた風景にタイトルをつけてください」という仲田さんの呼びかけに、
 壁一面には、来場者のみなさんが考えてくださったタイトルや感想が残されていました。

3 乾漆彫刻|岡田酒店奥座敷
「真昼の暗がり、少年たちの詩学」 生井亮司

midday gloom,poetics of a boy と副題がついた乾漆彫刻の6作品が
古い二階建ての日本家屋に展示されました。
少女も大人も、少年たちも、「作家が作り込んだ少年の形をしたなにか」と、
対峙・対話を繰り返していました。

IMG_9985
_ANO1462 _ANO1384 _ANO1444 _ANO1426 _DSC4932

  4シネカリグラフィー ワークショップによる制作と上映|飯塚邸板倉・土祭広場 土舞台
「光のある風景」川本直人

9月初めの週末、映像作家・川本直人さんのレクチャーで開催されたシネカリグラフィーのワークショップ。
参加した町内の小学生・中学18名が、カリカリとフィルムに絵を描き、
会期中は、川本さん自らが映写機を回し、板倉の2階(秘密の屋根裏部屋のような空間)で、
そして26日には、土舞台の地層の壁に映写しての特別上映が行われました。
土舞台での上映は初めての試みで、その後の「益子祗園祭」の映像上映とともに
本当に多くの来場者のみなさんが楽しまれていました。

_D754208
_D754241 _DSC2294 _DSC1442 _DSC1437

(事務局 簑田|写真 長田朋子 矢野津々美)

    

ページの上部へ戻る